『これからのリフォーム事業の施工管理の在り方とは?』〜Vol.1〜

 2020年10月15日に、久しぶりにリフォーム業界に向けて、今回のコラムタイトルでNSウェビナーを開催いたしました。
 当日はリフォーム産業新聞社の中村様をお招きしながら、変化するリフォーム市場の課題やニーズを聞かせて頂き、これからの施工管理の在り方を紐解いていきました。

 ウェビナーご視聴者のご参加内訳は、約半分がリフォーム専門会社様で、残り半分が新築をメインにリフォーム事業強化を考えられているビルダー様であり、特に経営者のご参加が目立ったように感じました。
 また今回は、メーカー様各社の企画開発部スタッフ様のご参加もかなり多かったように思います。

 ということで、今月号からはご視聴頂けなかったメルマガご登録者様にも、今回のウェビナーでのポイントを簡単に掻い摘みながら数回に分けてコラムという形で皆さまにお届けしたいと思っておりますので、是非楽しみにしていてください。

***

 今回のウェビナーは、5つのステップでお話しを致しました。

 まず1ステップとして、「何故リフォーム業界に施工管理という概念が根付かなかったのか?」というテーマに対して、3つの要素を上げました。

 1つ目は、リフォーム事業を起業した際の、経営者の事業目的にあるとお伝え致しました。
 つまり、リフォーム事業の起業目的が、「販売」することなのか?それとも「つくる」なのか?という、そもそも論が根源となる重要な部分だという事です。

 2つ目は、リフォーム業界に対して、現在の日本のコンサルティング会社を筆頭に、「集客」「収益」「販促」という3つのキーワード以外、提案したり教えたるする企業がほとんど無いという環境にあるという事です。
 毎年開催されているリフォーム産業フェアの提案ブースの構成について、当日リフォーム産業新聞社の中村様にお伺いしたところ、リフォーム業界の現在のテーマが、新規受注強化から生涯顧客化へシフトしている点で、近年は商品提案ブースから販売促進、顧客管理といった内容の提案ブースへ比重が大きく移り変わってきたという事象も近年のニーズとして確認できました。

 そして3つ目は、社員教育および人材育成についての課題です。
 つまり、建築知識や施工管理知識を学ぶ環境がこのリフォーム業界に全く存在しない事が挙げられ、仮に会社が社員に対して研修等へ参加させたとしても、「集客」「収益」「販促」というテーマに集中してしまい、社内には建築技能的なリソースが蓄積されず、社内の技術的キャリアアップ形成にはどうしても及ばない状況である事が挙げられます。

 このような3つの理由から、「つくる」という行為そのものの優先順位が中々上がらず、施工品質という重要性の高い課題は内面では認識しているものの、どうしても緊急性の高い、受注やキャッシュという事を優先してしまう業界文化が根付いてしまっているという訳です。

***

 一方、今回の「施工管理」の在り方を進めていく前に、リフォーム業界という大きな業態から、リフォーム内容をセグメント化し、どの範囲から施工管理という業務が必要となるのかを、我々建築技術コンサルティング会社視点で以下の4つの分野にセグメント化しました。

 まず、センスや提案性が少なく価格先行で受注するメンテナンスリフォーム。そして、逆に価格は去ることながらセンスや提案性が必要となる仕様改善リフォームです。
 ただし、両者とも共通するのは、建築知識が薄くとも、販売先行で獲得できるリフォーム内容となりますので、この2つは施工管理という領域ではなく、「作業管理」の領域となる訳です。
 この内容のリフォームをメインに事業として推進される会社は、短い工期に、身の回りの養生やマナーを中心とした環境保全対策や単発的な納材管理程度となることから、事業領域はむしろ「販売業」だと言えるでしょう。

 しかしながら、快適性を求める性能改善リフォームや、増改築と言われるライフスタイル改善リフォームの2つは、住宅そのものの耐久性という長寿命化を考えた主要構造に関わる重要なリフォームカテゴリーとなりますので、正しい建築知識と施工管理知識が必要となりますので、絶対に「建築業」という思考でなければならない領域となるのです。
 特に新築の建築知識がない状況で素人的なプロセスで受注することが危険な領域となりますので、技術的な社内の人材リソースの開発や育成を強化した中で、チャレンジしなければならないリフォームだと言えるでしょう。

【Vol.2へつづく】