現場管理における「ムリ」「ムダ」「ムラ」を改善する方策とは?

5月末に野村総合研究所より、現場で働く大工人口が2030年には約21万人に推移すると発表があった。同時に現場就労者数の減少から、現場生産性を現在の約1.4倍に引き上げる必要があるという試算も掲載されていたのである。今回のコラムでは、現場生産性の向上が進まない理由である「ムリ」「ムダ」「ムラ」という現象が現在加速し続け、歯止めが効かない原因を抽出し、具体的な改善方針を見出してみた。

まずムリという現象に対してであるが、ムリが引き起こる要因は工程である。いわば施工期間に関する時間の問題である。事業者側がどうやって利益を出すかという命題に対し、原価をいかに引き下げるか?と、キャッシュをいかに早く回すか?の短期的な経営事情がどうしても先行してしまい、本来製造に対する採算工期という現場マネージメントがしっかり出来ていない為である。

次にムダに関してであるが、現場管理でムダが引き起こる要因は、原価管理そのものにある。一つ一つの作業工程を更に細かく作業手順に分解し、いつから、誰が、どこまでの範囲を、いつまでに、どうやって…という、仕事の領域と役割分担、そしてしっかりとした積算による受発注管理がなされない為に、限られた工期にムダが生まれてくるのである。特に、元請会社が下請やパートナー会社への積算や設計業務などのアウトソーシング化という体制の変化によって、逆にムダに拍車がかかって来ていると言えよう。

最後にムラである。ムラの改善が一番ハードルが高いと言えるが、ムラの要因はまさしく施工品質の崩壊にある。この施工品質の改善と向上が、建築事業で一番難しいとされる領域でもあり、我々NEXT STAGEも製造品質改善の習慣化できるようなコンサルティングサービスをパッケージにして、現在もメインでご提案をさせて頂いている。

以上の、「ムリ」「ムダ」「ムラ」についての要因に対して、具体的な改善方策はある。ただ、改善手順が大切であり、一気には進まない。

まずはムリの解消の為に細かな標準工程表の作成が有効ではあるが、その前に、自分達の作る住宅の設計仕様の正しい選択と企画の精度に左右されるので、専門家などにしっかり相談しながら慎重に手順までを構築したいところである。

次にムダの解消として、受発注管理などのオペレーション強化であるが、現在普及している情報共有クラウドサービスなどの利用は非常に有効な手段だと考える。ただ、クラウドサービスを利用して生産性が上がる訳でなく、作業効率が上がると考えて積極的に取り入れることをお勧めする。あくまでもツールであり、社内業務統制は必須である。

最後のムラの解消は、施工品質の改善をPDCAサイクルを回し続けなければ、改善や向上はあり得ない。つまり、製造戦略として当たり前に現場に根付かせる仕組みをまず体系化し、品質に対する具体的な品質基準づくりと、絶対後戻り出来ない主要工程タイミングでの振り返りと評価とフィードバックを実践し続けることが、本質的な生産性向上の基盤づくりだと確信している。品質が安定し向上のフェーズに突入した時には、現場環境整備も自然と進み、ムリ、ムダの推進で掲げた方策の成果と一緒に、一気に結果が見えてくるに違いない。