防水シートの重ね巾

下の写真は、外壁の防水シートの上下重ね位置で電気配管を取り出している不備事例です。




電気配管の下の防水紙を切り取って施工しているのがわかると思います。水が回らないように上下の重ねは90㎜以上必要なのですが、この施工では確保できているとは言えせん。上下の重ね位置や左右の重ね位置を避けることができれば一番よいのですが、現場では避けることができない場合もありますので、その対処方法を自社で定めておくことが望まれます。



赤丸部分は上下の防水紙をまたがりテープを貼りつけているため、上の防水紙が風などで簡単に剥がれてしまうおそれがあるため防水性に不安がのこります。



是正を参考例として、上下のジョイントに十分に左右重ね巾(150㎜以上)をとってテープを貼り、そこから上に貼り上げていくかたちで、配管廻りを止水していく方法があります。

コンクリートの充填性を考慮

下の写真は、基礎の立上り部分にプラスチック製のドーナツ形スペーサーを横使いに取り付けた事例です。横使いした理由は、外側(型枠側)の配筋に取り付けることで必要かぶり厚さが確保できるサイズのドーナツ形スペーサーだったため縦筋に取り付けていました。

横使いにしてしまうと型枠の上からコンクリートを流し込んだ際、スペーサーで骨材を受けることになり、スペーサー下部にうまくコンクリートが充填されず空隙ができる(ジャンカ)可能性があります。




ドーナツ形スペーサーの取り付けは「鉄筋コンクリート造配筋指針(日本建築学会)」の中でもコンクリートの充填性を考慮して、「縦使いを原則とする」とされており、また第三者監査を取り入れているビルダー様の多くが縦使いを自社基準として定めています。対処方法としては、ドーナツ形スペーサーのサイズを調整して内側の鉄筋に取り付けても必要かぶり厚さを確保できるものを使うか、横使い可能な星形のスペーサーが市販されているのでそのような製品を使うなどの方法があります。

気密パッキンの隙間

浴室下を基礎断熱仕様とする場合は気密パッキンの施工が必要となります。下の写真は、浴室廻りの土台下の気密パッキンに隙間が生じている施工の不備事例です。

基礎断熱仕様とする場合、浴室下は床下空間でありながら「屋内空間」扱いとなるため、湿気や冷気の流入を防ぐために隙間が生じないようにしなければいけません。「誰でも知っていることだろう」と思う方も多いと思うのですが、この目的を知らずに施工している職人は結構いらっしゃいます。不備を根本的になくすためには、気密パッキンを使うことが目的ではなく、隙間を作らないことが目的であるというところから職人に対して認知させていくことが重要です

施工精度の向上「石こうボードのビス留め」

石こうボードのビスの施工にも気を遣う住宅会社さんや大工さんが年々増えてきていると感じます。優良現場ではビスのピッチやヘリ空き寸法を守るため、色々と施工の工夫をしています。大工さんが自らビスの留め付け間隔に合わせて定規を作ったり、ビスの位置をマーキングできる専用工具を活用したりして、施工精度の向上を図っている事例です。

【定規を作り施工精度を高めている例】

【専用工具を使い施工精度を高めている例】

面材耐力壁の施工のちょっとした意識の違い

地震力や風圧力に対抗する面材耐力壁は、面材を留める釘の種類とピッチを順守することで所定の耐力を発揮します。そのため、市販されている面材には、施工ミスの防止のために釘を打つ位置が記されているものが多くあります。



NEXTSTAGEが訪問させていただいていた現場を振り返ってみると、マークを意識して施工を行った現場の方が、マークを意識せずに施工を行った現場に比べ、釘の打ち損じや打ち忘れなどの不備が少ない傾向にあります。職人さんのちょっとした意識の違いが、現場の施工品質の差を生み出しているのです。