気密パッキンの隙間

浴室下を基礎断熱仕様とする場合は気密パッキンの施工が必要となります。下の写真は、浴室廻りの土台下の気密パッキンに隙間が生じている施工の不備事例です。

基礎断熱仕様とする場合、浴室下は床下空間でありながら「屋内空間」扱いとなるため、湿気や冷気の流入を防ぐために隙間が生じないようにしなければいけません。「誰でも知っていることだろう」と思う方も多いと思うのですが、この目的を知らずに施工している職人は結構いらっしゃいます。不備を根本的になくすためには、気密パッキンを使うことが目的ではなく、隙間を作らないことが目的であるというところから職人に対して認知させていくことが重要です

施工精度の向上「石こうボードのビス留め」

石こうボードのビスの施工にも気を遣う住宅会社さんや大工さんが年々増えてきていると感じます。優良現場ではビスのピッチやヘリ空き寸法を守るため、色々と施工の工夫をしています。大工さんが自らビスの留め付け間隔に合わせて定規を作ったり、ビスの位置をマーキングできる専用工具を活用したりして、施工精度の向上を図っている事例です。

【定規を作り施工精度を高めている例】

【専用工具を使い施工精度を高めている例】

面材耐力壁の施工のちょっとした意識の違い

地震力や風圧力に対抗する面材耐力壁は、面材を留める釘の種類とピッチを順守することで所定の耐力を発揮します。そのため、市販されている面材には、施工ミスの防止のために釘を打つ位置が記されているものが多くあります。



NEXTSTAGEが訪問させていただいていた現場を振り返ってみると、マークを意識して施工を行った現場の方が、マークを意識せずに施工を行った現場に比べ、釘の打ち損じや打ち忘れなどの不備が少ない傾向にあります。職人さんのちょっとした意識の違いが、現場の施工品質の差を生み出しているのです。

サッシ廻りの注意「テープの粘着力」

写真は、サッシ廻りで透湿防水シートが防水テープから剥離してしまっている状況です。


防水テープの剥離紙を剥がしてから、時間を置いたことにより、ほこり等が付着し、防水テープの粘着力が低下したと思われます。また、テープの粘着力にまつわる他の事例として、透湿防水シートと防水テープの相性が悪かった、外気温が低く防水テープの粘着力が低下したなどがあります。

アンカーボルトの引き抜き耐力低下の恐れも

写真は、アンカーボルトが型枠に寄りコンクリートのかぶり厚さが薄くなっている状況です。


建築基準法には、アンカーボルトのかぶり厚さの規定はありませんが、アンカーボルトと土台を緊結するためにスクリュータイプの座金を用いて強い力で締め付けたり、地震で大きな力が加わったりすると、かぶり厚さが薄い部位で基礎がひび割れするケースがあります。優良な現場では、アンカーボルトの引き抜き耐力の低下を防止するため、鉄筋と同じく、かぶり厚さを確保するようにしています。