サッシ廻りの注意「テープの粘着力」

写真は、サッシ廻りで透湿防水シートが防水テープから剥離してしまっている状況です。


防水テープの剥離紙を剥がしてから、時間を置いたことにより、ほこり等が付着し、防水テープの粘着力が低下したと思われます。また、テープの粘着力にまつわる他の事例として、透湿防水シートと防水テープの相性が悪かった、外気温が低く防水テープの粘着力が低下したなどがあります。

アンカーボルトの引き抜き耐力低下の恐れも

写真は、アンカーボルトが型枠に寄りコンクリートのかぶり厚さが薄くなっている状況です。


建築基準法には、アンカーボルトのかぶり厚さの規定はありませんが、アンカーボルトと土台を緊結するためにスクリュータイプの座金を用いて強い力で締め付けたり、地震で大きな力が加わったりすると、かぶり厚さが薄い部位で基礎がひび割れするケースがあります。優良な現場では、アンカーボルトの引き抜き耐力の低下を防止するため、鉄筋と同じく、かぶり厚さを確保するようにしています。

金物の不備事例と改善策

写真は、筋交い金物とホールダウン金物が干渉するにも関わらず、職人が無理やり取り付けてしまった事例です。


ホールダウンにおいては、上下逆になっており、メーカー指定の固定方法と異なるため必要耐力が確保できない恐れがあります。「このような対処は問題である」と自覚していない職人にも問題はありますが、納めることができない商品を図面に記載した設計や商品を納品した現場監督にも責任はあります。改善策として、職人に商品に対する知識を身に着けていただくだけではなく、イレギュラーなことがあった場合に職人から現場監督へ、現場監督から設計者へ相談する体制や関係を築きあげることが重要です。

アンカーボルトの高さの精度を高める

アンカーボルトの高さの精度は、土台の品質に影響を与える恐れがあります。アンカーボルトが低いと土台を深く座彫りしなければならず、土台の強度や耐久性を考えたとき欠損部分が弱点になりかねません。


高さの精度を確保するために、コンクリート打設前にアンカーボルトを型枠にセットする方法を採用しているビルダーは多いです。写真の現場では、合板の端材を利用して型枠に固定している事例です。



型枠の天端の高さにバラつきがあるため、合板の重ねで高さ調整していました。鋼製型枠であれば、市販の支持金物等でセットすることが可能ですが、木製型枠の場合は支持金物が流通していないため基礎業者の工夫が必要になります。田植え施工のようにぶっつけ本番の施工に比べ、あらかじめ固定しておく施工方法は、手間がかかりますが高さや位置のチェックが事前にできるため、施工精度が高まり、ミスも減るようです。

施工のバラつきの改善「床束の接着剤」

床束を固定する足元の接着材の必要量は、メーカーの施工要領書に記載されていることが多くあります。しかし、いろいろな現場で施工を見ると、バラつきの多さを感じる部分でもあります。



施工面で考えると接着剤の量が少々多くても問題ないと思われますが、接着剤の量が少ないと場合は、トラブルにつながる可能性があります。又、量も大事ですが、接着する面積も接着力に影響を与えるので注意が必要です。
 ①一度だけで良いから、適正量を測り、正しく施工してみる
 ②その状況を、写真におさめ、監督さんや職人さんと情報を共有する

それだけで、大きくバラつきが改善できるのではないかと思います。