サッシビス位置に節が!大工さんの優良事例

サッシを固定するためのビス位置に「節」があたり、留め付け方を変更した職人さんの優良事例です。(窓台を取り付ける現場の事例)

ポイントは2点!1つ目は、節を避けてビスを留め付けていることです。節部への留め付けでは固定強度をしっかり担保することができません。現実的には、ビスが刺さらないことや、斜めになることがあり、また材料が割れてしまう恐れもあるため、無理に取り付ける例は少ないと思います。

 

2つ目は、ビスを2本使って留め付けていることです。1本だけの留め付けの場合、どちらか片側のビスピッチが規定以上の間隔になってしまいます。2本打つことでビスピッチを規定以内に納めています。ビスピッチをしっかり考慮した施工は高く評価できます。