企画・設計の見直しの必要性も

弊社のデータでは、住宅現場で見つかる不備の要因は、設計・企画によるものが3割程度となっています。現場の不備は職人さんのミスによるものだけではありません。

下の写真は、継手や定着が集中し鉄筋の間隔が十分に確保できていない写真です。

鉄筋の加工や組立て型を工夫することである程度の改善も可能ですが、このような部分ができないような根本的に企画や設計を見直す必要もあります。

「設計者の方も現場をよく知る」ことが重要ですし、このような情報を共有する仕組み作りも大事です。

第三者監査を採用しているビルダーさんは、ネクストステージからのレポートやフィードバックデータをもとに、設計部分にもメスを入れ設計・企画品質の改善に取り組んでいます。