使う「意味」もセットで落とし込む

スリーブホルダーを使い、ボイド管を設置している写真となります。

住宅会社さんは、「スリーブの周りにしっかりコンクリートを回すため」「鉄筋のかぶり厚を確保するため」にスリーブホルダーを採用しているのですが、今回の現場では横筋にスリーブが触れていました。

住宅会社さんの定めたルールとして、「スリーブホルダーを使用する」ということは職人さんに伝わっているのですが、なぜ使うのかという「意味」を落とし込めていなかったため発生した不備施工事例となります。

住宅会社さんが目的を伝えていなかったのか?協力業者の社長へは伝えていたが、現場の職人まで正しく伝わらなかったのか?意味や目的をしっかり落とし込むことと、その情報が正しく伝達される仕組みも合わせて考慮する必要があります。