空気の入口を計画していない

壁通気工法を考える上で押さえるべき3つのポイントは、”❶空気の入口を確保 ❷空気の流れる道の確保(通気層)❸空気の出口の確保”となります。

下の写真は外壁の土台廻りを撮影したものなのですが、横胴縁が通気層を塞いでいます。計画の段階から壁通気層の空気の入口を考慮していなかった「❶空気の入口を確保」に該当する不備事例です。

設計・現場監督・職人のどなたか一人でも「通気層のしくみ」を理解していればこのような施工を防ぐことができたのではないでしょうか。