1000棟に1棟!

皆さん驚かれることかもしれませんが、建物着工後に建物の向きの間違えに気付く事例が、およそ1000棟に1棟くらいあります。

ではなぜ、間違えて工事を進めてしまうのか?

調べてみると次のようなことが原因となっていました。

設計担当者が、もう少しだけ施工者に対する気づかいがあれば、リスクを減らすことができるのではないでしょうか。

自社の図面は、大丈夫ですか?

着工前の図面の入念なチェックを行う事で、不備につながる芽を摘むことを心がけましょう。