FRP防水端末部の不備事例

サッシの取り付けを先行しFRP防水工事を後施工とした現場で見つかった、バルコニーのサッシ下におけるFRP防水端末部の不備事例です。

サッシ枠下で防水層の端部を止め、そこに本来シール処理をしなければいけないのですが、樹脂コーティングがサッシ裏にまで付着しているため、端部のシールではなく、防水層の上にシールしている形になります。シール材に穴や膨らみ、ガラスマットの毛羽立ちなど気になるところがありますが、それ以前に防水層の端部を止める位置に問題があります。

サッシ下は高さが低く施工し辛いため、不備の発生率も高く、現場監督がしっかり確認すべきポイントです。