柱金物の不備事例|取り付け部位が違う

柱金物は、建物に力がかかった時に、土台や横架材から柱が抜けないようにする目的で取り付けます。下の写真は不備事例なのですが、良く見ると柱ではなく梁に金物が付いて、柱金物の目的を全く果たしていません。



設計図書で指示された位置に、指示されたものを付けるということだけに職人さんの思考が向き、本来の金物の目的を忘れていたことが原因です。ネクストステージでは、原理原則や目的を考えながら施工を行うと不備が少なくなるとアドバイスをさせていただいているのですが、今回の事例はそれに当てはまる事例となっています。