気流止めの防湿措置

気流止めの断熱材の入れ方に不備がある事例です。


最上階の間仕切りの上部では、気流止めの施工を行い、小屋裏から室内への空気の流入及び室内から小屋裏への熱や湿気の流出を防ぎます。写真は気流止めの為に断熱材を入れているのですが、防湿措置がとられていません。下図の様に防湿フィルムを外側に向け断熱材を折り曲げ、天井の防湿フィルムと連続するように施工をする必要があり、このままだと室内から湿気が移動し、小屋裏で結露を起こす恐れがあります。