寒冷時期の基礎施工〜北海道では

気温が氷点下となる寒冷時期は、コンクリート打設後の基礎の養生・温度管理が大切です。温度管理が不適切だと凍結によりコンクリートが十分な水和反応できず硬化不良を起こし、下の写真のように表面が劣化したり、ひどい場合だとコンクリートの強度が設計基準強度を満たさなくなる恐れがあります。

北海道エリアの優良ビルダーでは、気温が下がる時期にテント囲いや暖房を行い、コンクリートの温度管理や降雪の対策をしっかり行っています。この現場では、光を透過するシートを使うことでテント内部を明るくし、作業効率を落とさない工夫が見受けられます。