コンクリートの充填性を考慮

下の写真は、基礎の立上り部分にプラスチック製のドーナツ形スペーサーを横使いに取り付けた事例です。横使いした理由は、外側(型枠側)の配筋に取り付けることで必要かぶり厚さが確保できるサイズのドーナツ形スペーサーだったため縦筋に取り付けていました。

横使いにしてしまうと型枠の上からコンクリートを流し込んだ際、スペーサーで骨材を受けることになり、スペーサー下部にうまくコンクリートが充填されず空隙ができる(ジャンカ)可能性があります。




ドーナツ形スペーサーの取り付けは「鉄筋コンクリート造配筋指針(日本建築学会)」の中でもコンクリートの充填性を考慮して、「縦使いを原則とする」とされており、また第三者監査を取り入れているビルダー様の多くが縦使いを自社基準として定めています。対処方法としては、ドーナツ形スペーサーのサイズを調整して内側の鉄筋に取り付けても必要かぶり厚さを確保できるものを使うか、横使い可能な星形のスペーサーが市販されているのでそのような製品を使うなどの方法があります。