気密パッキンの隙間

浴室下を基礎断熱仕様とする場合は気密パッキンの施工が必要となります。下の写真は、浴室廻りの土台下の気密パッキンに隙間が生じている施工の不備事例です。

基礎断熱仕様とする場合、浴室下は床下空間でありながら「屋内空間」扱いとなるため、湿気や冷気の流入を防ぐために隙間が生じないようにしなければいけません。「誰でも知っていることだろう」と思う方も多いと思うのですが、この目的を知らずに施工している職人は結構いらっしゃいます。不備を根本的になくすためには、気密パッキンを使うことが目的ではなく、隙間を作らないことが目的であるというところから職人に対して認知させていくことが重要です