基礎業者さんの品質に対するこだわりと工夫

下の写真はべた基礎の配筋を撮ったものですが、2点ほど優良な施工があります。

1点目が、スペーサーブロックより一回り大きなプレートを敷くことで、ブロックの沈み込みを防止し、スラブ鉄筋のかぶり厚さを確保できるように配慮しています。2点目は鉄筋の交差部分からブロックをずらして設置していることです。交差部にブロックを設置すると鉄筋との間に鉄筋1本分の隙間ができます。そこにコンクリートを流し込むと骨材が詰まり空隙ができる恐れがあります。基礎業者さんの品質に対するこだわりと工夫が良く見えます。