面材耐力壁の施工のちょっとした意識の違い

地震力や風圧力に対抗する面材耐力壁は、面材を留める釘の種類とピッチを順守することで所定の耐力を発揮します。そのため、市販されている面材には、施工ミスの防止のために釘を打つ位置が記されているものが多くあります。



NEXTSTAGEが訪問させていただいていた現場を振り返ってみると、マークを意識して施工を行った現場の方が、マークを意識せずに施工を行った現場に比べ、釘の打ち損じや打ち忘れなどの不備が少ない傾向にあります。職人さんのちょっとした意識の違いが、現場の施工品質の差を生み出しているのです。