筋交い仕口の緊結の不備事例

気付きにくい不備事例です。写真にある筋交い金物は、柱に取り付けることで認定されている商品なのですが、交差する横架材の高さに大きな差があり、横架材に取り付けられているため、筋交いの性能を十分に発揮できない恐れがあります。

 


筋交い端部が、柱ではなく横架材に接している場合は、構造的に問題がないか設計者に確認し、判断を仰ぐ必要があります。また交差する横架材の高さに大きな差があった場合には、同材を下端に取り付け高さを調整する方法で対処しているビルダーもありますが、優良ビルダーでは、このことを考慮して設計時に段差のできない計画をしっかり行っています。