アンカーボルトの引き抜き耐力低下の恐れも

写真は、アンカーボルトが型枠に寄りコンクリートのかぶり厚さが薄くなっている状況です。


建築基準法には、アンカーボルトのかぶり厚さの規定はありませんが、アンカーボルトと土台を緊結するためにスクリュータイプの座金を用いて強い力で締め付けたり、地震で大きな力が加わったりすると、かぶり厚さが薄い部位で基礎がひび割れするケースがあります。優良な現場では、アンカーボルトの引き抜き耐力の低下を防止するため、鉄筋と同じく、かぶり厚さを確保するようにしています。