床断熱材の設備配管貫通部の隙間

写真は、大工が床の断熱材を施工した後、設備業者が断熱材に穴をあけ配管を設置した状況です。配管廻りに隙間ができ、断熱欠損の状態になっている事例です。断熱に対して意識が高いビルダーに限らず、隙間に発泡ウレタンを充填する等の断熱補強は、今では一般的に採用されています。