土台貫通部の気流止め(優良事例)

基礎内の床下換気を行う方法として、床下換気口を設けず、基礎と土台の間に入れる通気パッキンで行う物件が多数を占めています。ホールダウンアンカーを貫通させるために通気パッキンや土台に穴をあけますが、ホールダウンアンカーの径より大きな穴だと隙間ができ、通気パッキン→土台を経由して壁内へ空気が浸入する恐れがあります。写真の現場では、気流止めの目的で、ホールダウンアンカーの土台貫通部の隙間をシーリングで塞いでいました。