業務の効率化 「柱接合金物の選定」

現場監督の業務効率を上げるために、あるビルダー様が実践している事例です。柱接合金物の中には、耐力面材を貼ると隠れてしまう種類のものがあります。

屋外面に取り付ける、柱-横架材直付けタイプ
(耐力面材を貼ると確認できない)

 

あるビルダー様では、耐力面材を貼った後でも、取り付け確認できる柱接合金物を使用するように方針を変えました。

面材上から取り付けることができる、合板仕様タイプ
(耐力面材を貼っても確認できる)

内側面に取り付ける付けるタイプ
(耐力面材を貼っても確認できる)

 

理由は、「柱金物の取り付け確認」と「耐力面材の取り付け確認」を1度で終わらせるためです。今までは、2度、現場に足を運んでいたのですが、1度で終わらせることで、1回分の移動時間を節約することができます。これだけを見れば、小さな工夫ですが、一つ一つの積み重ねが現場監督の業務効率の向上と、建物コストの低減につながります。

※同じ名称の金物でも「柱-横架材直付けタイプ」と「合板仕様タイプ」がございますので、施工の際はご注意下さい。