信頼関係を築く入口

現場で行われている品質管理の業務は日の目を見ない事が殆どだと思います。1枚目の写真は、「雪が降り基礎内に雪が積もっては困るから」と、現場監督さんが現場監査の終了後にブルーシートで養生をしていました。「基礎屋さん達が一生懸命施工してくれた現場ですから(笑)」との事でした。
2枚目の写真は、監査中にゴミ拾いをしている様子です。まだ若い監督さんで、施工の知識習得し経験を積んでいる真っ最中です。監査士が職人さんへ説明している内容を一緒に聞き、たくさん質問をして、必要な事はメモを取っています。そして「自分に出来る事は何か?」を常に意識し行動しています。

NEXTSTAGEの第三者監査では、決してダメ出しだけが目的ではなく、日の目をみることのないような監督の行動なども見ています。隠れてしまう職人さんや監督さんの配慮、一手間、ファインプレーを我々が気づき、現場関係者の方々に知って頂くことが、お互いの信頼関係を築く入口になると考えています。