アンカーボルトの高さの精度を高める

アンカーボルトの高さの精度は、土台の品質に影響を与える恐れがあります。アンカーボルトが低いと土台を深く座彫りしなければならず、土台の強度や耐久性を考えたとき欠損部分が弱点になりかねません。


高さの精度を確保するために、コンクリート打設前にアンカーボルトを型枠にセットする方法を採用しているビルダーは多いです。写真の現場では、合板の端材を利用して型枠に固定している事例です。



型枠の天端の高さにバラつきがあるため、合板の重ねで高さ調整していました。鋼製型枠であれば、市販の支持金物等でセットすることが可能ですが、木製型枠の場合は支持金物が流通していないため基礎業者の工夫が必要になります。田植え施工のようにぶっつけ本番の施工に比べ、あらかじめ固定しておく施工方法は、手間がかかりますが高さや位置のチェックが事前にできるため、施工精度が高まり、ミスも減るようです。