床下の人通口は機能していますか?

近年では住宅の高気密・高断熱化が進み、換気計画においても様々な方策が採用されています。その中でも最近よく現場で見かけるのが、床下に換気システムを設置する換気方法です。換気計画としてはとても有効な手段であると考えられますが、床下より各部屋にダクトを巡らせるため床下空間は複数のダクトで覆われてしまいます。


そのため、人通口にダクトが集中し開口が塞がれ、人通口本来の目的が機能しないことがあります。点検やメンテナンス等で家の耐久性、資産価値を高めることが求められる時代、床下を確認するために、配管経路や点検口の位置等の事前計画がしっかりされていないと、お施主様とトラブルにつながる恐れがあります。