忘れがちな部分「引きボルト」

今回は現場の施工で忘れがちな部分を紹介いたします。下記の写真は引きボルト部分です。


機械締めが出来なく、手回しでナットを締め付ける部位となるため、どうしても施工を後回しにしがちな部分となります。『後でやろうと思っていて、結局忘れてしまった』現場でよく耳にするお話です。
工程終了後の節目となる「あと戻りできないタイミング」でのチェックは、このような不備を見つけるためにも非常に大事です。