監査後の職人様の意識

株式会社 NEXT STAGEでは、住宅の施工の過程で絶対に後戻りできない工程を定めて、そのタイミングで監査を行います。現場監査では、現場での現状を確認後各監査項目に沿って監査を行っていきますが、監査後の施工状況までは不明なことが多いです。

写真は、「内部造作、プラスターボード施工完了後監査」に伺った際の状況です。玄関電気器具を取り付ける為に、外壁施工後に該当部分をくりぬいています。その時に、外壁の防水シートも一緒にくりぬいて施工を行っています。 雨水が侵入しないような施工方法を検討しながら、実施していくことが大切です。

このように何気なく行った施工が、後々に大きな問題に発展することも考えられます。「監査を受けて合格すればよい」という意識だけではなく、そのあとの施工までも意識が向くことによって、
施工品質の向上が果たせます。

株式会社NEXT STAGEでは、このような事例を含めて、ビルダー様及び協力業者様へのフィードバックを行い、「気づき」を発見できる場面を設けています。