意識と知識

 

【コメント】

品質改善・向上に対する意識を持ち作業されていても、職人様に知識がなかったために
作業が無駄になってしまうことがあります。
例えばこんなケースです。
基礎にスリーブ管を設置していた設備業者様。
スリーブ周りに補強筋を入れるという意識を持っていたのですが、
入れ方のルールを正確に知らず、定着が不足したり、かぶり厚が確保されていなかったりと、
結局手直しする羽目に。
NEXT STAGEのサービスを導入いただいているビルダー様は、標準施工手引書をお持ちですが、
その情報、内容を業者の作業員レベルまで落とし込みができていないことがあります。
NEXT STAGEでは、業者様を対象とした勉強会などのお手伝いもしていますので、
教育の一つの手段としてご活用ください。

職人目線での意識の向上

【コメント】

施工品質の向上と安定には、現場目線での意識の向上が欠かせません。
現場内で長い時間住宅建築に携わる大工職人様の意識は特に重要です。

こちらの写真は土台監査にお伺いさせていただいた際、「見えなくなってしまう部分だからこそ
きれいにしておかないと」とおっしゃっておられました。
現在の住宅の工程は、土台敷~床断熱敷設~床合板敷設~養生までを1日で終わらせることが多くなり、
見えなくなる部分への気遣いが薄らいできているように感じます。

こちらの写真は、床断熱材を敷設する際に断熱材の印字がほぼそろっている写真です。
監査後に大工職人様にお話しをお伺いしたところ、「きっちり揃っていたほうが気持ちいいでしょう?」
とおっしゃっておられました。
職人様が意識をしていないと、現実的にできない部分になります。
以前の事例のように、現場の施工でも職人様の意識の高さによって、施工品質は間違いなく向上していきます。
大工職人様だけではなく、1棟の住宅を建築する為に出入りしている数十種の職人様全ての意識が高まれば、
お施主様にとって最高の住宅がご提供されるだけでなく、職人様自身の為にもなると思われます。

 

羽子板ボルトの施工状態

【コメント】

今回の品質を上げる為のスキルアップポイント!は、羽子板ボルトの施工状態となります。
5回目の構造躯体監査で現場に伺った際に、比較的指摘率の高い項目となります。
それでは、まずは『羽子板ボルト』について確認しましょう。
『羽子板ボルト』とは、主に木造軸組工法で使用する補強金物の一つとなります。
目的としては、地震や台風等による外力を受けた際に、『仕口』が抜けることを防ぐ為に横架材同士や
その他の構造体力上主要な部分を接合する為に使用します。

上の画像は、梁と柱を接合する部分で梁に座彫りを行い、横方向に引っ張っている部分です。
この部分は、今では専用工具も発売されていますが、殆どの大工さんは『ラチェット』や『メガネ』と
呼ばれる『レンチ』を使って、ナットを手締めされる事が一般的と考えます。
機械締めが出来ないので、後でやろうと思っていながら忘れているケースが多いと考えられます。

また、こちらの画像は、よく見て頂くと梁に二か所の穴が開いていることが確認出来ると思います。
ナットの閉め忘れどころか、『羽子板ボルト』の施工そのものが忘れられている状況となります。
どちらの場合も、この様な状況では金物本来の働きが出来ません。
施工後の確認を確実に行う事で、品質向上の一歩とされてはいかがでしょうか。

 

わかっていても、手を加えないままに

 

【コメント】

現場監査における不備の要因を4つのカテゴリーに分類すると『設計』『現場管理』『職人』『商品』となる。
『設計』の面では、図形の整合性、いわゆる誤記や新しい図面が職人様まで行き渡っていない等の原因が多いが
それ以外にも図面が分かりにくい為にミスにつながるという場合もある。
弊社の5回目監査では、構造躯体のチェックを行うが、その中に、柱、梁、筋交い等の接合金物も含まれる。
監査士様いわく、あるビルダー様では、設計図書では柱頭、柱脚金物の告示記号(い・ろ・は・・・)と記載され、
それにみあった使用金物の凡例が書かれているが、毎回使用されている金物が同じであるにも関わらず、
凡例の金物は違う製品であるという例が意外と多いらしい。
職人様も、『同じビルダー様の現場に何度か入って仕様はわかっているが、応援などで
初めて現場にくる方もいるので、使う製品を図面に落とし込んでほしい』というのが本音である。
作業の効率アップ、ミスの減少につながるので、試みていただきたい。

新規導入にも関わらず指摘がない??

 

【コメント】

『段取り八分』という言葉があるように、品質管理を行っていく上でも事前の準備・計画が大切です。
最近あった一つの事例をご紹介します。第三者監査を初めて導入したビルダー様の現場で基礎の
アンカーボルトチェックをいたしました。
我々の統計上、導入当初は不備の見つかることが多いところなのですが、
その現場では、しっかりと施工され一つも不備がみつかりませんでした。
特別入念に施工・管理されていたわけではないのですが 基礎伏図に、情報の落とし込みが
細かくされていたことが不備を起こさなかった大きな理由でした。
未だに、プレカット図や伏図だけを基礎業者様に渡し、基礎業者様の職人判断に任せて
アンカーボルトを入れるケースは少なくありません。
今回の事例は、設計の事前計画がしっかりされていたことにより、職人によるミス・ムラを防いだ例です。
『情報の落とし込み』と『図面の整合性』は、不備を減らす上で重要なポイントになりますので設計手法、
業務の流れを今一度見直していただければと思います。