雨対策の優良事例

お客様も喜ばれることと思います。
土台工程の優良事例です。

雨で土台や大引きが濡れないようにビニールシートをかけているとともに基礎立ち上がりの周りに泥跳ね防止や歩行により泥で現場を汚さないように養生を敷いています。

土がコンクリート表面に付着すると、コンクリートの肌に土の粒子が入り込み、水洗いしても取り除けなかったり、そのままの状態で仕上げを行うと仕上げ材の剥離につながるおそれがあります。

又、土台に開けた柱のほぞ穴に雨水が溜まらないように、テープで穴を塞いでいるという住宅会社さんもあります。

バルコニー床下空間の湿気対策

バルコニー床下空間は、換気計画をしておかなければ「結露」が発生し易い箇所の一つです。皆様もご存じの通り、結露が発生すると構造材である木材を腐らせるなどの不具合が発生する恐れがあります。
これらのリスクの低減を図るために、優良ビルダーでは、結露を発生させないために、バルコニーの床下空間の換気対策も様々な方法で行っております。
写真は、湿気対策の一つとして、バルコニー床下空間を仕切っている床合板に、通気孔をあけている優良事例です。

また、バルコニー床下空間の湿気対策の一例を図示いたしました。是非ご参考にしてください。

作業効率を向上させる為の大工さんの取組み

2階へ上がる仮設階段を大工さんが自主的に作っている優良事例です。

大工さん曰く、梯子よりも階段の方が安全で作業効率もあがり、手間をかけてもやる価値はあるそうです。大工さん自身のためにだけではなく、他の業者の方も効率良い作業ができ喜ばれる取り組みです。

FRP防水端末部の不備事例

サッシの取り付けを先行しFRP防水工事を後施工とした現場で見つかった、バルコニーのサッシ下におけるFRP防水端末部の不備事例です。

サッシ枠下で防水層の端部を止め、そこに本来シール処理をしなければいけないのですが、樹脂コーティングがサッシ裏にまで付着しているため、端部のシールではなく、防水層の上にシールしている形になります。シール材に穴や膨らみ、ガラスマットの毛羽立ちなど気になるところがありますが、それ以前に防水層の端部を止める位置に問題があります。

サッシ下は高さが低く施工し辛いため、不備の発生率も高く、現場監督がしっかり確認すべきポイントです。

柱金物の不備事例|取り付け部位が違う

柱金物は、建物に力がかかった時に、土台や横架材から柱が抜けないようにする目的で取り付けます。下の写真は不備事例なのですが、良く見ると柱ではなく梁に金物が付いて、柱金物の目的を全く果たしていません。



設計図書で指示された位置に、指示されたものを付けるということだけに職人さんの思考が向き、本来の金物の目的を忘れていたことが原因です。ネクストステージでは、原理原則や目的を考えながら施工を行うと不備が少なくなるとアドバイスをさせていただいているのですが、今回の事例はそれに当てはまる事例となっています。