現場チェックのコツ「予測」

下の写真は、筋交い金物を取り付けた写真です。

よく見ると、メーカー指定の本数より多くビスが取り付けられています。ビスの使用数が不足しているわけではないので、メーカー指定の数に戻すかどうかはビルダー様の自社基準で判断いただく案件です。

実は、このような時に第三者監査のベテランスタッフは、「1本多くビスを使っているということは、他の部位で不足している可能性がある!」と考え、気を引き締めて現場監査を行います。すると結構な確率で、不備が見つかることがあります。

「柱金物ビスの種類を間違えていた」とか、「床に金物工法で使うピンが転がっていた」とかも、不備発生の可能性を示すシグナルとなります。

現場監督さんには、このようなシグナルを見つけたとき、不備が他の部位で発生している可能性を考え、現場の確認を行い施工品質向上につなげていただきたいです。

1000棟に1棟!

皆さん驚かれることかもしれませんが、建物着工後に建物の向きの間違えに気付く事例が、およそ1000棟に1棟くらいあります。

ではなぜ、間違えて工事を進めてしまうのか?

調べてみると次のようなことが原因となっていました。

設計担当者が、もう少しだけ施工者に対する気づかいがあれば、リスクを減らすことができるのではないでしょうか。

自社の図面は、大丈夫ですか?

着工前の図面の入念なチェックを行う事で、不備につながる芽を摘むことを心がけましょう。

お施主様への配慮

面材耐力壁や釘の施工の状況を確認する重要な構造チェックの工程(ネクストステージの第三者監査で5回目工程)で、面材耐力壁の上下継ぎ目に防水テープを貼っている現場がありました。

「テープを貼り建物の気密性を向上させているのだろう」と予想し、現場の方に理由を尋ねてみると実は「お客様への配慮」で行っていることだとわかりました。

「雨が当たると、上下の継ぎ目から水が浸入し、面材屋内側面が濡れてしまう」。その結果「美観を損ねる」「お施主様を不安にさせる」ため、対策として気密テープを貼っているとのこと。

お施主様の満足度を向上させる優良事例ですね。

スラブ天端の目印アイテム

基礎の配筋工事においてコンクリートの打設前にスラブ天端の位置に目印を付けます。

鉄筋に墨を打ったり、テープを貼ったりするケースを良く見受けますが、こちらの現場では、縦筋に「天端目印用部材」を使った施工を行っていました。

立体的で視認性がよい、雨の日でも取り付けができる、繰り返し利用ができるのが使用するメリットで、施工の効率を上げつつ施工精度を維持することができる優良事例となります。

雨対策の優良事例

お客様も喜ばれることと思います。
土台工程の優良事例です。

雨で土台や大引きが濡れないようにビニールシートをかけているとともに基礎立ち上がりの周りに泥跳ね防止や歩行により泥で現場を汚さないように養生を敷いています。

土がコンクリート表面に付着すると、コンクリートの肌に土の粒子が入り込み、水洗いしても取り除けなかったり、そのままの状態で仕上げを行うと仕上げ材の剥離につながるおそれがあります。

又、土台に開けた柱のほぞ穴に雨水が溜まらないように、テープで穴を塞いでいるという住宅会社さんもあります。