床断熱材の設備配管貫通部の隙間

写真は、大工が床の断熱材を施工した後、設備業者が断熱材に穴をあけ配管を設置した状況です。配管廻りに隙間ができ、断熱欠損の状態になっている事例です。断熱に対して意識が高いビルダーに限らず、隙間に発泡ウレタンを充填する等の断熱補強は、今では一般的に採用されています。

現場の泥汚れ防止(優良事例)

木造の集合住宅を建築している現場です。仮設トイレに行くまでの通路にコンクリートを打っていました。集合住宅ということもあり沢山の職人さんが出入りし、トイレの使用率も高くなります。土の上を歩かないで済むため、現場の中へ汚れを持ち込むことを減らすことができます。ビルダー様の品質への配慮がうかがえる事例でした。

土台貫通部の気流止め(優良事例)

基礎内の床下換気を行う方法として、床下換気口を設けず、基礎と土台の間に入れる通気パッキンで行う物件が多数を占めています。ホールダウンアンカーを貫通させるために通気パッキンや土台に穴をあけますが、ホールダウンアンカーの径より大きな穴だと隙間ができ、通気パッキン→土台を経由して壁内へ空気が浸入する恐れがあります。写真の現場では、気流止めの目的で、ホールダウンアンカーの土台貫通部の隙間をシーリングで塞いでいました。

業務の効率化 「柱接合金物の選定」

現場監督の業務効率を上げるために、あるビルダー様が実践している事例です。柱接合金物の中には、耐力面材を貼ると隠れてしまう種類のものがあります。

屋外面に取り付ける、柱-横架材直付けタイプ
(耐力面材を貼ると確認できない)

 

あるビルダー様では、耐力面材を貼った後でも、取り付け確認できる柱接合金物を使用するように方針を変えました。

面材上から取り付けることができる、合板仕様タイプ
(耐力面材を貼っても確認できる)

内側面に取り付ける付けるタイプ
(耐力面材を貼っても確認できる)

 

理由は、「柱金物の取り付け確認」と「耐力面材の取り付け確認」を1度で終わらせるためです。今までは、2度、現場に足を運んでいたのですが、1度で終わらせることで、1回分の移動時間を節約することができます。これだけを見れば、小さな工夫ですが、一つ一つの積み重ねが現場監督の業務効率の向上と、建物コストの低減につながります。

※同じ名称の金物でも「柱-横架材直付けタイプ」と「合板仕様タイプ」がございますので、施工の際はご注意下さい。

小屋裏への漏気

小屋組み材等の耐久性を保つためには、小屋裏換気が有効です。木材の劣化の要因である湿気(水)を屋外に排出し、構造材を乾燥させることができます。しかし、小屋裏への湿気の流入が増える要因があると、湿気の排出が追い付かず、構造材を乾燥させることができなくなる恐れがあります。

最上階でパッケージタイプの繊維系断熱材を用いて天井断熱を行っている現場で確認された不備事例をご紹介します。どれも、室内の湿気が小屋裏へ流入してしまう恐れがあるものです。

「断熱材に隙間」がある事例

「防湿層に破れ」がある事例

「気流止めが未施工」である事例

(参考)気流止めを施工する場合の納め方

 

天井の防湿の目的を理解した上で、自社の品質基準を定め、施工及び現場チェックを行うことを推奨します。