浴室ドア枠のビス締め

浴室のドア枠を固定するビスの施工不備事例です。

左の写真は下枠(敷居)を固定するビスの頭がつぶれて金属がささくれ立った例で、右の写真はビスが斜めに留め付けられた例となりますが、ともに裸足で踏みつけるとケガをする恐れがあります。完成現場のチェックを行うとこのような事例がよく見つかります。お施主様の目にも留まりやすいので、現場監督にはしっかりとチェックして引き渡しをしていただきたいポイントです。

 

基礎業者さんの品質に対するこだわりと工夫

下の写真はべた基礎の配筋を撮ったものですが、2点ほど優良な施工があります。

1点目が、スペーサーブロックより一回り大きなプレートを敷くことで、ブロックの沈み込みを防止し、スラブ鉄筋のかぶり厚さを確保できるように配慮しています。2点目は鉄筋の交差部分からブロックをずらして設置していることです。交差部にブロックを設置すると鉄筋との間に鉄筋1本分の隙間ができます。そこにコンクリートを流し込むと骨材が詰まり空隙ができる恐れがあります。基礎業者さんの品質に対するこだわりと工夫が良く見えます。

気密パッキンの隙間

浴室下を基礎断熱仕様とする場合は気密パッキンの施工が必要となります。下の写真は、浴室廻りの土台下の気密パッキンに隙間が生じている施工の不備事例です。

基礎断熱仕様とする場合、浴室下は床下空間でありながら「屋内空間」扱いとなるため、湿気や冷気の流入を防ぐために隙間が生じないようにしなければいけません。「誰でも知っていることだろう」と思う方も多いと思うのですが、この目的を知らずに施工している職人は結構いらっしゃいます。不備を根本的になくすためには、気密パッキンを使うことが目的ではなく、隙間を作らないことが目的であるというところから職人に対して認知させていくことが重要です

優良事例|きれいな現場と不備の数

下の写真は構造躯体を確認する監査でお伺いした現場です。見てお分かりだと思いますが現場の清掃、材料の整頓が行き届いています。



現場がきれいだと不備が少ない傾向があるのですが、この現場でまさにそれを実感できました。数十のチェック項目の中で不備は一つだけ。棟梁の仕事に対する意識の高さは、私たちだけではなくお施主様にも伝わり、満足度の向上に繋がると思います。

優良事例|タッカー止め付け部のシール処理

写真は、屋根の仕上げ工事をする前に、屋根のルーフィングを留め付けているタッカー部分にシール処理を施している事例です。留め付けが悪いと穴が開くことがありますが、丁寧な留め付けを行ったとしても風にあおられて破れや穴が生じるケースがあります。
全留め付け部にシール処理を行うのは大変な作業ですが、住宅会社様の防水に対する配慮が伺える優良な事例です。