作業効率を向上させる為の大工さんの取組み

2階へ上がる仮設階段を大工さんが自主的に作っている優良事例です。

大工さん曰く、梯子よりも階段の方が安全で作業効率もあがり、手間をかけてもやる価値はあるそうです。大工さん自身のためにだけではなく、他の業者の方も効率良い作業ができ喜ばれる取り組みです。

FRP防水端末部の不備事例

サッシの取り付けを先行しFRP防水工事を後施工とした現場で見つかった、バルコニーのサッシ下におけるFRP防水端末部の不備事例です。

サッシ枠下で防水層の端部を止め、そこに本来シール処理をしなければいけないのですが、樹脂コーティングがサッシ裏にまで付着しているため、端部のシールではなく、防水層の上にシールしている形になります。シール材に穴や膨らみ、ガラスマットの毛羽立ちなど気になるところがありますが、それ以前に防水層の端部を止める位置に問題があります。

サッシ下は高さが低く施工し辛いため、不備の発生率も高く、現場監督がしっかり確認すべきポイントです。

柱金物の不備事例|取り付け部位が違う

柱金物は、建物に力がかかった時に、土台や横架材から柱が抜けないようにする目的で取り付けます。下の写真は不備事例なのですが、良く見ると柱ではなく梁に金物が付いて、柱金物の目的を全く果たしていません。



設計図書で指示された位置に、指示されたものを付けるということだけに職人さんの思考が向き、本来の金物の目的を忘れていたことが原因です。ネクストステージでは、原理原則や目的を考えながら施工を行うと不備が少なくなるとアドバイスをさせていただいているのですが、今回の事例はそれに当てはまる事例となっています。

柱金物の不備事例|取り付けの向きが違う

柱金物は、金物メーカーで指定された向きで取り付けなければならないのですが、逆向きで付けてしまっていることがあります。1枚目の写真は、金物の向きを意識せずに取り付け、上下逆に取り付けてしまった不備事例です。


2枚目の写真は、柱金物を正しい向きで取り付けると下地にぶつかる為、向きを変えて取り付けてしまった不備事例です。


どちらも、柱金物の取り付け向きに対する職人さんの認識の甘さが、原因です。「取り付け向きにルールがあることを職人さんへ落とし込む」ことが、不備を発生させないポイントとなります。

より確実な防水施工をしたい

窓下に防水用の役物部材を取り付けている写真です。 以前は利用していなかったのですが、「窓廻りの防水を不安のないようしっかりと施工したい」という大工さんの意見を聞き入れ、ここの住宅会社では採用を決めたそうです。

確実な施工を目指し自分の意見を主張できる大工さんと、それを良しと判断し取り入れる住宅会社、良い関係を築いてる優良事例です。