雨対策の優良事例

お客様も喜ばれることと思います。
土台工程の優良事例です。

雨で土台や大引きが濡れないようにビニールシートをかけているとともに基礎立ち上がりの周りに泥跳ね防止や歩行により泥で現場を汚さないように養生を敷いています。

土がコンクリート表面に付着すると、コンクリートの肌に土の粒子が入り込み、水洗いしても取り除けなかったり、そのままの状態で仕上げを行うと仕上げ材の剥離につながるおそれがあります。

又、土台に開けた柱のほぞ穴に雨水が溜まらないように、テープで穴を塞いでいるという住宅会社さんもあります。

筋交い材としてはNGです!

木材で見られる節ぬけ。節ぬけした木材を下地材として使われることがあります。
仕上げに影響をおよぼさないのであれば使っても問題はないのですが、ベストの選択ではありません。
しかし、用いる部位が「筋交い」だと、話は全く別です。

下の写真は、筋交いに節抜けが見られます。
建築基準法では「筋交いに欠き込みをしてはならない」と定められており節抜けは、この欠き込みと同じと判断できるため、法に抵触します。
風や地震によって力がかかると筋交いが損傷する恐れがあり、構造体となる部位では用いないように注意が必要です。

バルコニー床下空間の湿気対策

バルコニー床下空間は、換気計画をしておかなければ「結露」が発生し易い箇所の一つです。皆様もご存じの通り、結露が発生すると構造材である木材を腐らせるなどの不具合が発生する恐れがあります。
これらのリスクの低減を図るために、優良ビルダーでは、結露を発生させないために、バルコニーの床下空間の換気対策も様々な方法で行っております。
写真は、湿気対策の一つとして、バルコニー床下空間を仕切っている床合板に、通気孔をあけている優良事例です。

また、バルコニー床下空間の湿気対策の一例を図示いたしました。是非ご参考にしてください。

油断は禁物

設備配管廻りの防水処理方法として、防水テープで処理する方法と「成型部材」を用いる場合があります。
最近では人の手による施工ムラを減らすために「成形部材」を用いる現場が増えてきております。

「成形部材」は、施工ムラを減らし安定した防水性能を確保できることがが特徴なのですが、外壁の通気胴縁を留付ける際、釘を打ち付けてしまうことで漏水が発生する恐れがあります。

下の写真は、漏水しないように胴縁の釘を一度抜き、再度別の箇所に釘を打ち直した事例です。
「成形部材」の上から釘を打ち穴を開けることも問題ですが、抜いた釘穴の防水処理を忘れてしまうことも問題です。

現場監督さんは、大工さんへの注意促し、施工後のチェックをしっかり行い、クレームにつながらないように努めましょう!

作業効率を向上させる為の大工さんの取組み

2階へ上がる仮設階段を大工さんが自主的に作っている優良事例です。

大工さん曰く、梯子よりも階段の方が安全で作業効率もあがり、手間をかけてもやる価値はあるそうです。大工さん自身のためにだけではなく、他の業者の方も効率良い作業ができ喜ばれる取り組みです。