ひと手間から感じる、品質向上の意識「ボード貼り」

石こうボードの施工の優良事例の紹介です。ビスがボードの端部に寄ってしまうと、ボードが割れたり、表面の紙を破ったりして、ビスを留めつけてもボードを保持する力を発揮できないことがあります。そのため、ヘリ空き寸法を確保する必要があります。



あるビルダー様では、ヘリ空き寸法を意識して、墨出しをしてからビスを留め付けミスを減らしています。墨出しは必ずしも必要ではない工程なだけに、品質向上の意識がうかがえます。

施工のバラつきの改善「床束の接着剤」

床束を固定する足元の接着材の必要量は、メーカーの施工要領書に記載されていることが多くあります。しかし、いろいろな現場で施工を見ると、バラつきの多さを感じる部分でもあります。



施工面で考えると接着剤の量が少々多くても問題ないと思われますが、接着剤の量が少ないと場合は、トラブルにつながる可能性があります。又、量も大事ですが、接着する面積も接着力に影響を与えるので注意が必要です。
 ①一度だけで良いから、適正量を測り、正しく施工してみる
 ②その状況を、写真におさめ、監督さんや職人さんと情報を共有する

それだけで、大きくバラつきが改善できるのではないかと思います。

設備配管固定のチェックポイント「断筋」

写真は基礎立上りを撮影したものです。


既成品を用い貫通部のひび割れ対策を行っていて 一見、何も問題がない様に見えますが、よく見ると、立上りの横筋が切断されています。

リブレン等の既製品はひび割れの補強筋であり 断筋部分を補強するものではありません。そのため、断筋部分に対する補強筋を入れる必要があります。さらに、中基礎の立上り横筋の定着部分も切断されていて 定着長さが不足しています。定着部分を工夫して施工していれば切断せずに済んだと思われます。

鉄筋を切断する必要があるのかを考え、切断した場合には必ず補強筋を施工する。現場監督さん、業者さんはこの点に注意して施工及びチェックを行ってください。

目的を知り、現場をチェックする[通気層]

写真は、透湿防水シートにしわが寄り、横胴縁の通気穴を塞いでしまった例です。



通気層は、空気の入口と出口を作り空気が流れることで、壁の中の水蒸気を外部へ排出することができます。

空気の流れを遮る施工や、入口(水切り部)や出口(軒部)が塞がっていると水蒸気が排出されず壁体内の結露を起こしたり通気層内に水蒸気が滞り外壁の仕上げ材や下地材を劣化させたりします。また、防水という観点からも通気層に侵入した水が抜けないという問題があります。

通気層が15㎜以上あればいいというわけではありません。「空気を流れるようにする」という原則を忘れずに通気層の施工チェックを行ってください。

安全及び清掃への配慮

最近、現場監査で現場にお邪魔した際に現場での安全や清掃に意識を向けられているビルダー様が増えてきている印象を受けます。相対的に、現場の清掃や安全対策が丁寧に行われているビルダー様ほど、現場施工や品質に対する意識やレベルが高く感じます。


写真の1枚目は現場に安全掲示がされていました。
必要のある情報を適切に発信しています。


写真の2枚目は、工事看板の裏に清掃用具が設けられていました。
現場の美化に配慮の意識が感じられるよい事例です。

株式会社NEXT STAGEでは、現場施工の良し悪しだけではなく、このように現場全体で配慮が行き届いている内容もどんどん拾っていき、ビルダー様へフィードバックを行っていきます。