NEXT EYE

トラブル事例! ~わずかな油断が大きな結露トラブルに~

 【コメント】

写真は壁に点検口をあけて中を撮影したもので、黒い付着物はカビです。
お施主様からビルダー様に「壁クロスにシミが出来た」と相談があり、
ビルダー様は雨漏りを疑い散水試験を繰り返しても原因がわからず、弊社に相談が寄せられました。
壁のシミは、結露により発生した壁内のカビがプラスターボードを突き抜けた事が原因でしたが、
なぜ壁内でカビが発生したのでしょうか?

グラスウール断熱材は隙間なく施工すると同時に、湿気を含んで重くなった時に下がりを防止するために
固定をしなくてはなりませんが、本建物はそれが守られず、いたるところに断熱材の隙間がありました。
外壁仕上げを通過した太陽の熱は通常断熱材で軽減されますが、
このように隙間があると熱が室内側に回り込み、内壁を通過した室内の湿気と触れ合うと
カビが発生してしまいます。
その後、断熱材を隙間なく施工し直し、2年が経過しましたがカビは再発していません。
断熱材の隙間は、「これくらいなら」と甘く見ずに施工することが大切です。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。