熱橋補強の優良事例

金属が断熱層を貫通すると、屋外から屋内へ、屋内から屋外へと熱が伝わりやすくなります。この部分を熱橋(ねっきょう)と呼びます。木造住宅では、梁と梁を緊結するために取り付ける、羽子板ボルトが熱橋となる場合があります。熱橋部位が多いと、冬季間では、屋内から屋外へ熱が逃げ、室内の温熱環境に影響を与える他、室内側の金物の冷たくなることで、結露を起こす危険性も増します。

写真を上げさせていただきましたが、こちらの工務店さんでは、熱橋の対策をしっかりとっており、羽子板の外気側のボルト部分に発泡ウレタンを注入し断熱補強されていました。