意識の持ち方

何でもない写真ですが、材料に札が取付いたまま施工されている写真です。意識の持ち方で、簡単に防げる事だと思います。写真は鋼製火打梁ですが、鉄筋にも札が付いたまま施工をされている事もあります。

鉄筋工程だと、札が付いたままコンクリートが施工されて、コンクリート内に隠れてしまいます。札だけでは無いと思います。切断した鉄筋の切れ端等も同じ事が言えると思います。 ちょっとして気づき、僅かな意識があれば未然に防ぐ事が出来ます。

物づくりは人が絡んでいます。自分だったら・自分の家ならと意識を変える事で、変わるのではないでしょうか。

身近な事の意識の変化が、次の品質へのステージに変わるのではないでしょうか。品質は、僅かな気づきから生まれます。施工精度を上げるだけが品質ではありません。今、出来る事からスタートさせる事が品質向上への扉です。