【優良事例】グラスウールの施工状態

 【コメント】

今回の事例は、現場で見せていただいた優良事例の一つをご紹介したいと思います。
断熱材のグラスウールの施工状態となります。
上部の画像をご覧いただくと一目瞭然かと思います。
グラスウールは断熱材としましては、非常に優秀な製品だと考えておりますが、
弱点があるとも感じています。
それは、施工する側の「手」の良し悪しが仕上がりに直結する点です。
建物の断熱性能は昨今の住宅に求められる非常に重要な性能の一つだと思います。
建物そのものの性能に直結する部分という事で、その性能を十分に発揮させるためにも
丁寧な施工が肝要となります。

壁断熱材であれば、柱の見付面への留め付けや断熱材自体をピンと張った施工が大切です。
そうする事で、その後の石膏ボード施工の際にボード裏に隙間が無くなり、
壁内結露を防ぐ事が可能となります。
また、防湿層をカットした部分(ダクト廻りやコンセント廻り)が必ず出てきますので、
丁寧な気密処理が必要です。
天井断熱材であれば、互いに隙間なくしっかりと突きつける事や間仕切り壁や
下屋取り合い部分に断熱できていない気流を防ぐ為の気流止めの施工が大切です。
外気に接する床やインナーバルコニー下にも確実な断熱材の施工が大切です。
デザインが良い建物も大切でしょうが、今一度、基本的な所を確認されてみてはいかがでしょうか。