小屋裏への漏気

小屋組み材等の耐久性を保つためには、小屋裏換気が有効です。木材の劣化の要因である湿気(水)を屋外に排出し、構造材を乾燥させることができます。しかし、小屋裏への湿気の流入が増える要因があると、湿気の排出が追い付かず、構造材を乾燥させることができなくなる恐れがあります。

最上階でパッケージタイプの繊維系断熱材を用いて天井断熱を行っている現場で確認された不備事例をご紹介します。どれも、室内の湿気が小屋裏へ流入してしまう恐れがあるものです。

「断熱材に隙間」がある事例

「防湿層に破れ」がある事例

「気流止めが未施工」である事例

(参考)気流止めを施工する場合の納め方

 

天井の防湿の目的を理解した上で、自社の品質基準を定め、施工及び現場チェックを行うことを推奨します。