設備配管固定のチェックポイント「断筋」

写真は基礎立上りを撮影したものです。


既成品を用い貫通部のひび割れ対策を行っていて 一見、何も問題がない様に見えますが、よく見ると、立上りの横筋が切断されています。

リブレン等の既製品はひび割れの補強筋であり 断筋部分を補強するものではありません。そのため、断筋部分に対する補強筋を入れる必要があります。さらに、中基礎の立上り横筋の定着部分も切断されていて 定着長さが不足しています。定着部分を工夫して施工していれば切断せずに済んだと思われます。

鉄筋を切断する必要があるのかを考え、切断した場合には必ず補強筋を施工する。現場監督さん、業者さんはこの点に注意して施工及びチェックを行ってください。