施工精度の向上「石こうボードのビス留め」

石こうボードのビスの施工にも気を遣う住宅会社さんや大工さんが年々増えてきていると感じます。優良現場ではビスのピッチやヘリ空き寸法を守るため、色々と施工の工夫をしています。大工さんが自らビスの留め付け間隔に合わせて定規を作ったり、ビスの位置をマーキングできる専用工具を活用したりして、施工精度の向上を図っている事例です。

【定規を作り施工精度を高めている例】

【専用工具を使い施工精度を高めている例】

『建築ブルーオーシャンへの思考転換 』

先日、職人起業塾のクール最終日の総括講義で、オブザーバーとして参加させていただいた。高橋代表理事自らが、塾生に対して半年間を振り返り、そして伝えて来たマーケティング理論の原理原則を基に、塾生達がこれからの自身の取り組みに対して各々がみんなの前で少し恥ずかしながらも元気一杯にプレゼンテーションを行ったのだった。ひとりの職人として。そしてひとりの現場監督として、今の仕事の現状を打破して行こうとする士気感を持ち合わせ、もう一つ高いところから自らの役割をマーケットと照らし合わせながら模索し、きっと新たな尖り方を描いてプレゼンテーションに望んだに違いない。

ブルーオーシャンへの第一歩は、決して事業モデルを先行させ、競合の無い世界で戦わないという新しい領域を作り出すことではなく、マーケットの課題を様々な角度で高い位置から解決していく術を模索した結果、周りよりも更に尖ることに磨きをかけ続ける思考の変化によって成し得た仕組みと創意工夫が、顧客からしっかりと選ばれていくという流れを生み出すことにある。つまり、マーケティング理論の原点もこの思考変化にあると言っても過言ではない。

住宅産業界全体においては、まだまだブルーオーシャンなサービス領域は残されていると思うが、建築においてのブルーオーシャンへの基本コンテンツは、人とモノの2つの差別化しか尖ることができない。

その他の差別化は、お金を出して手に入れられるものがほとんどである。つまり、例え新しいモノを作り出したとしても、お金さえあれば手に入れられるものは、結局真似をされ、レッドオーシャンの波へ取り巻かれていくのである。今の戸建住宅業界もまさしくこの現象に陥っている。

また、チャンネルを変えるという手法も非常に効果的ではあるのだが、新たに絞り込んだチャンネルでさえ、そこで他社には全く追いつけない人とモノの仕組みの差別化が出来なければ、これもまた同じことになる。まさしくリフォーム業界もこの現象と同じではないだろうか。

建築におけるブルーオーシャンの基本を整理すると、周りが簡単に真似が出来ず、日々の積み重ねで尖らせられることとは、「モノの品質でしか無い」。そして作り上げて根付かせる、品質に取り組む仕組みは、人でしか無い。この基本思考は誰もが解っているようで、成し遂げる会社は希少である。つまりまだまだ、解っていないということになる。

令和の時代。人それぞれに輝きを持たせ、このように周りが成し得ない領域を創り出せる会社こそ、建築ブルーオーシャンの第一歩では無いだろうか。本質を映し出し、選ばれるつくり手に成長される為に創意工夫する会社と関わることが、今、何よりも感動的である。

防湿フィルムの端部処理

防湿フィルム付きの繊維系断熱材を使用するときの防湿処理の方法として、①柱や間柱、横架材等の見付け面で30mm程度防湿フィルムの耳をかけ、かつ②ボード等で挟むか又は気密テープで留める必要があります。自社の現場では防湿処理の正しい施工方法を取られていますか?
※ご使用される断熱材の施工要領書ご確認ください

●下地を後付けしたことにより防湿フィルムの耳をかけがされていない不備事例

●精度が高くきれいに防湿フィルムの施工がされている優良事例

見落としに注意「防水テープの密着不良」

窓廻りは漏水事故の多い場所。下記は、窓上の防水紙が防水両面テープと密着していない事例です。

●テープの押さえつけを忘れ密着していない状態

●テープが下地と密着している正しい状態

テープの押さえつけを忘れたことが原因なのですが、材質が不透明な防水紙を使用する場合は密着しているか見分けにくいです。現場監督は見落とさないように確認してください。

|A.C.U.|6月の開催報告/13クールのA.C.U.申込み受付状況

「現場管理者向け実践養成講座 A.C.U. 」を6月21日(金)・22日(土)の両日で、 第10クール6回目(大阪会場)と第11クー4回目(東京会場)を開催しました。

【大阪会場 第10クール 6回目〈最終日〉】

第10クールの最終日。A.C.U.卒業生を特別講師として招き、卒業後どのように自社の現場が変わったかを報告して頂きました。NEXT STAGEの手引書や第三者監査のサービスも取り入れて頂いているのですが、大工さんの意識が高まりルーズだった工期も改善に向かうなど、会社全体の品質への取組みが前進していることを肌で感じているとのこと。受講生の方も真剣に話を聞いてました。

第10クール受講生の皆さま、半年間お疲れ様でした。

【東京会場 第11クール4 回目】

工事現場で発生する不備の要因の1/3は「設計図書の不整合」によるものだとご存知でしたか。(NEXTSTAGEの統計データ)。不備の要因は職人のミスだけではございません。配置図・平面図・立面図・基礎伏図・構造金物図・土台伏図を実際に用意し、図面上から問題点を読み解く演習を行いました。

●今後の開催日程
1回目 開催済 
2回目 開催済 
3回目 開催済 
4回目 開催済
5回目  7月19日(金)/20日(土) 
6回目  8月23日(金)/24日(土) 

*************************************************************************************

2020年度 第13クールのA.C.U. 申込み受付状況

第13クール〈東京会場〉 2019年   9月20日(金)START
申込み受付中です。

【お申込】
詳細及び参加申込書はこちらになります。
ACU ご案内・参加申込書 2020年度 第12・13クール(PDF)

【お申込期限】
東京 2019年8月23日(金)まで

【お問い合わせ】
株式会社 NEXT STAGE  A.C.U.運営室
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。 →メールフォーム

NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。