品質向上の事例

弊社NEXT STAGEの会社理念である「ビルダー様の施工品質の安定と向上を具現化する」ため、日々ビルダー様と施工品質向上への取り組みを行っております。監査を導入していただいているビルダー様と一緒にお取組みしている中で一番嬉しいことは、施工品質が目に見えて変化していくことが感じられた部分です。


1枚目の写真はサッシ廻りの防水シートの施工状態ですが、防水シートの端部がめくれています。防水シート同士の重なりが大きいと、防水シートのバタつきの原因になります。最終がドウブチで押さえる部分になりますが、防水シートのめくれが大きいと、外壁を施工した後に通気空間から上がった空気で壁内に防水シートのバタつきが起こり、通気が正しく行われない可能性があります。


2枚目の写真で表れているように、最近では、防水シートの端部に防水テープを施工して、防水シートのめくれを止める工夫が行われています。現場の職人様も余裕が出てきたのか、施工も丁寧にされていました。他のビルダー様も、少しずつ品質への向上が見えてくることが出来れば嬉しいです。

北海道住宅通信にNEXT STAGE GROUPが取り上げられました。

北海道住宅通信(2017年2月25日発行)にNEXT STAGE GROUPの
主催した札幌での経営セミナーに関する記事が掲載されました。

【掲載メディア】北海道住宅通信 2017年2月25日(土)
【 見  出 し 】「自社施工基準」の重要さを強調 ネクストステージが経営セミナー

記事の詳細につきましては、下記画像をクリックしてご覧くださいませ。



2017年(平成29年)2月25日(土)北海道住宅通信より
※株式会社 北海道住宅通信様のWEBサイトはこちら


NEXT STAGE GROUPの取り組み・サービスにご興味ございましたら、
下記までお気軽にお問い合わせくださいませ。

<お問い合わせ先>
株式会社 NEXT STAGE 札幌支店
TEL:011-205-0372
FAX:011-205-0373
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

意識と知識

品質改善・向上に対する意識を持ち作業されていても、職人様に知識がなかったために作業が無駄になってしまうことがあります。
例えばこんなケースです。基礎にスリーブ管を設置していた設備業者様。スリーブ周りに補強筋を入れるという意識を持っていたのですが、入れ方のルールを正確に知らず、定着が不足したり、かぶり厚が確保されていなかったりと、結局手直しする羽目に。
NEXT STAGEのサービスを導入いただいているビルダー様は、標準施工手引書をお持ちですが、その情報、内容を業者の作業員レベルまで落とし込みができていないことがあります。
NEXT STAGEでは、業者様を対象とした勉強会などのお手伝いもしていますので、教育の一つの手段としてご活用ください。