『ビルダー事業における粗利率の改善思考』

今、建築業界における経営課題のトップ3には、『粗利率の低下』という
深刻な課題を全国的に抱えている。
ただ、粗利率の改善と利益率の改善とは意味が異なり、本来、事業収益と捉えれば
最終的に如何に利益を上げるかが本来の事業価値となる。

しかしながら一般的にビルダー経営者の多くは、粗利率の低下を経営課題として
捉えてしまいがちであり、粗利額アップということを一番に考えてしまう思考が、
【売上ー原価=粗利】という方程式である。
決して間違いではないが、粗利額をアップするという方策は、やはり売上の拡大と
原価の縮小という2つの戦術についつい陥ってしまうのである。
具体例としては、職人手間のカットや資材の値引き、そして更なる売上の強化に
走りがちになってしまう。
また、もう一つのデメリットは、粗利額を優先的に追い求めてしまうことで、
どうも瞬間風速的な利益勘定思考が根付いてしまう危険性もある。
つまり長期的な利益を見据えない思考である。
この従来型の考え方はこれからのビルダー経営において非常に危険であり、
将来的には職人からも地域のユーザーからも見切られてしまう結果となって
しまうのではないだろうか?

自らの建築事業価値の最大化を目的とするのであれば、
利益額を増やす為の費用や経営面の構成や優先順位を、もう一度見直すことが
今の建築事業には非常に重要である。

やはり、費用面の構成の多くが人件費である。

しかし、職人の手間や製造に掛かるコストは原価であり、その辺の区分けが
混ぜこぜになってしまっている経営者も数多い。
人件費とは役員や社員、パートに掛かる費用であり、
自らのサービスをしっかり提供する上で必要な価値の高い人材でなければならない。
従って、従業員のやるべき仕事の内容や領域が社内でしっかり役割として決まっていない限り、
非常にロスの多い経営となってしまう。
特に建築という製造現場では、社員である現場管理者の具体的な仕事の領域やマネージメントスキル、
オペレーションスキルがどれだけの事業の利益額に影響を及ぼすのかを本質的に
検討していかなければならない。

もし、仕事における具体的な役割や仕事の領域がやはり明確でないのであれば、
人件費という固定費から、現場管理費用という変動費思考にあえて切り替え、
一部、外部へアウトソースする発想も、これからのビルダー経営戦術においては
大切な思考なのではないだろうか?

今や、これだけの技術者不足の建築現場の環境において、決して製造品質を揺るがす
原価カットによる粗利額の増大思考は切り捨て、自社の身の丈と照らし合わせながら、
製造事業の効率的な費用分配をしっかり優先付け、選択と集中でもって役割を明確にしていく時代に
来たのではないだろうか。

北海道住宅新聞にNEXT STAGE GROUPが取り上げられました。

北海道住宅新聞(2017年2月25日発行)にNEXT STAGE GROUPの
主催した札幌での経営セミナーに関する記事が掲載されました。

【掲載メディア】北海道住宅新聞 2017年2月25日(土)
【 見  出 し 】札幌でセミナーを開催 品質改善の継続が利益と受注生む
 
記事の詳細につきましては、下記画像をクリックしてご覧くださいませ。




 2017年(平成29年)2月25日(土)北海道住宅新聞より
※株式会社 北海道住宅新聞社様のWEBサイトはこちら


NEXT STAGE GROUPの取り組み・サービスにご興味ございましたら、
下記までお気軽にお問い合わせくださいませ。

<お問い合わせ先>
株式会社 NEXT STAGE 札幌支店
TEL:011-205-0372
FAX:011-205-0373
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

基礎立上り打ち継ぎ面の注意点!

【コメント】

今回のスキルアップポイントは、スラブと基礎立上りの打ち継ぎ面の注意点となります。
基礎の打ち継ぎ面は、様々な問題や改善事例が発生し易い部分となりますので、
その施工には注意が必要です。
今回は、その一例を皆さまに知っていただき、今後の施工に反映していただければと思います。

まずはこちらの写真についてです。
赤い矢印が指している部分をよく見ていただきますと、黒い液状のものと
設備スリーブ間に隙間が見受けられます。
この黒い液状のものの正体は打ち継ぎ面からの基礎内部への浸水を防ぐ止水材です。
止水を目的とする為に施工しますので、当然このような状況では意味がありません。
その場限りの思いつきや、やっつけ仕事ではなく、しっかりとその意味を考えた施工が大切です。

次にこちらの画像です。
型枠内に落ち葉や砂埃が溜まってしまっています。
基礎屋さんのお話しでは、コンクリート打設前に散水するとの事でしたが、
それでも限度はあります。
このままコンクリート打設を行った場合、
この部分はジャンカになる恐れが非常に高いと考えます。
ジャンカとは、コンクリート打設不良による空隙(くうげき)を意味しますが、
基礎にとって弱点となってしまいます。
今後は、同じ事を起こさない為の対策を検討いただきたいと思います。
今回は、どちらの場合もその本質的な部分を少し意識していただくだけで
防ぐ事の出来る状況と考えます。
ほんの少しの意識と一手間一工夫。
品質向上とは何かを常に考えていただき、是非とも挑戦していただきたいと切に願います。

2017年度ACU第5クール 2回目が開催されました

弊社、NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない
独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、
次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

この度「現場管理者向け実践養成講座【A.C.U】」の2017年度
第5クール 2回目が開催されました。

第2回目は、PDCAサイクルに必要な「P:プラン」の役割に焦点を当て、
基礎となる項目を整理し、現場管理者が知っておかなければならない家づくりの思考など
重要なテーマについて学びました。
各担当講師からの説明に、受講者の皆さま熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

     

 


【今後の開催日程】
第1回 2017年  1月27日(金)/ 28日(土) 開催済
第2回 2017年  2月24日(金)/ 25日(土)   開催済
第3回 2017年  3月24日(金)/ 25日(土)
第4回 2017年  4月21日(金)/ 22日(土)
第5回 2017年  5月26日(金)/ 27日(土)
第6回 2017年  6月23日(金)/ 24日(土)

【開催時間】
 金曜日:13:30~17:30
 土曜日:  9:00~12:00
 
※詳細及びお申し込みにつきましてはこちらをご覧ください。
 
事務局(お問い合わせ)
株式会社 NEXT STAGE  ACU事務局
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

北海道エリア 経営者向けセミナーを開催いたしました


この度、北海道エリアにてNEXT STAGE GROUP主催の『木造系ホームビルダーの経営者様向け』
経営セミナーが2月17日(金)に開催されました。

  • next_eye_01
  • next_eye_02

「地域で勝ち残る!今、選択すべき現場課題の解決手法と実践経営とは?」をテーマに
弊社代表の小村が住宅品質を安定し向上させるこれからの施工管理、
経験から感じた現場の実態やPDCAを回し続ける品質管理について、
株式会社 ARK HOME 代表の宮田社長が【地域から選ばれるつくり手】となるために
実践してきたことを「ファンづくり」と「社員教育」をキーワードに講演いたしました。
  
ビルダー様をはじめ、商社様や材料メーカー様等、
幅広い分野から15社21名様にお越しいただきました。

スタッフ一同心より感謝申し上げます。