原価管理に対する本当の考え方とは?

原価管理とは、決められた予算内で工事を完成するようマネジメントすることが基本となります。そしてそれを達成するために、協力業者から提出された見積書の合算である「積上原価」というものと、お客様との契約金額から想定された「見積原価」との差を如何に埋めていくかの作業が、実は原価管理の仕事そのものなのです。

これを適正な計画書にしたものを、「工事原価書」といいます。しかしながらこの「積上原価」と「見積原価」の差を埋めていくとき、一般的な経営者や現場監督は単純なコスト削減として、決まって次の3つの方法を取ろうとします。

① 協力業者から提出された見積金額をそのままの状況で値下げ要求をしようとする。
② お客様に分からない部位の仕様を、勝手に安いものに変更しようとする。
③ 道具の機械化や協力業者任せによる、作業効率アップと作業代のコストダウンをしようとする。

しかし、これらの方法をそのまま強引に進めてしまっては、やはり施工品質や工事工程に大きな影響がでてしまうのではないでしょうか?

例えば①の価格に関しては、協力業者に何の根拠もなく発注金額を落とした結果、協力業者のやる気が失せ、職人たちのモチベーションも当然下がってしまい、現場作業では最低限の配慮でしか工事をしなくなってしまいます。仮に、もっとこうすればよい仕事になるのになあと職人が思っていたとしても、受注した金額があまりにも安いことで、仕事というよりもボランティアに近い思考に陥ってしまい、結果、お客様が期待しているモノづくりには、到底、実現不可能な状況になってきます。

また②の仕様変更に関しては、もし設計仕様を安易に安いものに変更したとした場合、確かに一旦見た目も変わらず、完成するまで何とか予定通りの住宅として建築できたとしても、経年劣化によって、ひどく粗悪なことになってしまう可能性だってあり得るわけです。住宅の仕様は、見た目の豪華さ以上に、その素材の耐久年数に応じて価格が設定されている部材も多いので、「安いもの=耐久年数が短いもの」という結果になってしまうことも、ここでしっかりと頭に入れておきましょう。

また③の作業に関しては、確かに作業効率は絶えず改善し効率化を目指すべきではありますが、作業に必要な道具や機材を電動化することで作業効率ばかり気にした結果、納まりや施工精度がおざなりになったり、現場が散らかったりのすることで作業環境が悪化したり、また安全でも様々な部分が損なわれたりします。特に現場が散らかっていると、材料を見つけにくくなりますし、化粧材など注意すべき材料の目印が見えなくなることでキズを付けたり、ごみで隠れた場所からモノを落下させてしてしまう可能性だってあるのです。

ここで大切なポイントは、工事原価は「つくり込む」という思考が非常に大切であるということなのです。決して「積上原価」を削ることではありません。大前提として、やはり原価をつくり込むためには、十分にその作業のことを理解することから始め、コストパフォーマンスの高い作業になるような創意工夫を検討することが原価管理の本当の考え方と言えるでしょう!

現在、日常的に行われているこの3つの従来型のコスト削減手法からまず脱却し、元請だけが儲かる工事原価ではなく、利害関係者全員が納得できる工事原価の設定意識を基本にしていきましょう。やはり現場管理とはプロジェクトマネージメントの成功であることから、利害関係者全員が満足してその工事を完成させることだという原点思考軸をブラさないよう、これからもしっかり取り組んでいきましょう!


優良事例|きれいな現場と不備の数

下の写真は構造躯体を確認する監査でお伺いした現場です。見てお分かりだと思いますが現場の清掃、材料の整頓が行き届いています。



現場がきれいだと不備が少ない傾向があるのですが、この現場でまさにそれを実感できました。数十のチェック項目の中で不備は一つだけ。棟梁の仕事に対する意識の高さは、私たちだけではなくお施主様にも伝わり、満足度の向上に繋がると思います。

|A.C.U.|7月の開催報告/13クールのA.C.U.申込み受付状況

「現場管理者向け実践養成講座 A.C.U. 」を7月19日(金)・20日(土)の両日で、 第11クール5回目(東京会場)と第12クール1回目(大阪会場)を開催しました。

【東京会場 第11クール 5回目〈現場研修〉】

第11クールは現場研修の日となります。他社の現場を見学できる機会という事で、皆さん積極的に見学し、質問をされていました。現場見学終了後の参加者の感想・意見発表を聞いていた講師は、「これまでの4回講義で『見る目』が確実に鍛えられている」ことを実感したそうです。

●今後の開催日程
1回目   開催済
2回目   開催済
3回目   開催済
4回目   開催済
5回目   開催済
6回目   8月23日(金)/24日(土)

 

【大阪会場 第12クール1 回目】

A.C.U.の初日は、㈱NEXT STAGE 代表取締役社長の小村の講義からスタートします。建築業界の変遷や業界が抱えている問題などのから始まり、それを前提に現場管理者としての役割や将来像、成長するためのメソッドなど講義内容となり、受講者の方は真剣に耳を傾けていました。

●今後の開催日程
1回目   開催済
2回目   8月23日(金)/24日(土)
3回目   9月20日(金)/21日(土)  
4回目 10月18日(金)/19日(土)
5回目 11月15日(金)/16日(土)
6回目 12月20日(金)/21日(土)

*************************************************************************************

2020年度 第13クールのA.C.U. 申込み受付状況

第13クール〈東京会場〉 2019年   9月20日(金)START

申込み期限は来週の2019年8月23日(金)までとなっています。

【お申込】
詳細及び参加申込書はこちらになります。
ACU ご案内・参加申込書 2020年度 第12・13クール(PDF)

【お問い合わせ】
株式会社 NEXT STAGE  A.C.U.運営室
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。 →メールフォーム

NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

優良事例|タッカー止め付け部のシール処理

写真は、屋根の仕上げ工事をする前に、屋根のルーフィングを留め付けているタッカー部分にシール処理を施している事例です。留め付けが悪いと穴が開くことがありますが、丁寧な留め付けを行ったとしても風にあおられて破れや穴が生じるケースがあります。
全留め付け部にシール処理を行うのは大変な作業ですが、住宅会社様の防水に対する配慮が伺える優良な事例です。

優良事例|事前チェック

第三者監査を取り入れているからといって、自社のチェックを行わなくても良いというものではありません。すべて第三者任せにしてしまうと、指摘に対する対処だけで終わり、品質を維持することが精いっぱいとなりますし、自社の現場力を向上させることができません。

下の写真は、事前に自社で施工チェックを行い、第三者監査に挑んでいる住宅会社さんです。全数チェックを行いマーキングをしているのですが、NEXTSTAGEとしても、品質向上に真摯に取り組む姿勢が見て取れ、とてもうれしく感じます。