現場管理における「ムリ」「ムダ」「ムラ」を改善する方策とは?

5月末に野村総合研究所より、現場で働く大工人口が2030年には約21万人に推移すると発表があった。同時に現場就労者数の減少から、現場生産性を現在の約1.4倍に引き上げる必要があるという試算も掲載されていたのである。今回のコラムでは、現場生産性の向上が進まない理由である「ムリ」「ムダ」「ムラ」という現象が現在加速し続け、歯止めが効かない原因を抽出し、具体的な改善方針を見出してみた。

まずムリという現象に対してであるが、ムリが引き起こる要因は工程である。いわば施工期間に関する時間の問題である。事業者側がどうやって利益を出すかという命題に対し、原価をいかに引き下げるか?と、キャッシュをいかに早く回すか?の短期的な経営事情がどうしても先行してしまい、本来製造に対する採算工期という現場マネージメントがしっかり出来ていない為である。

次にムダに関してであるが、現場管理でムダが引き起こる要因は、原価管理そのものにある。一つ一つの作業工程を更に細かく作業手順に分解し、いつから、誰が、どこまでの範囲を、いつまでに、どうやって…という、仕事の領域と役割分担、そしてしっかりとした積算による受発注管理がなされない為に、限られた工期にムダが生まれてくるのである。特に、元請会社が下請やパートナー会社への積算や設計業務などのアウトソーシング化という体制の変化によって、逆にムダに拍車がかかって来ていると言えよう。

最後にムラである。ムラの改善が一番ハードルが高いと言えるが、ムラの要因はまさしく施工品質の崩壊にある。この施工品質の改善と向上が、建築事業で一番難しいとされる領域でもあり、我々NEXT STAGEも製造品質改善の習慣化できるようなコンサルティングサービスをパッケージにして、現在もメインでご提案をさせて頂いている。

以上の、「ムリ」「ムダ」「ムラ」についての要因に対して、具体的な改善方策はある。ただ、改善手順が大切であり、一気には進まない。

まずはムリの解消の為に細かな標準工程表の作成が有効ではあるが、その前に、自分達の作る住宅の設計仕様の正しい選択と企画の精度に左右されるので、専門家などにしっかり相談しながら慎重に手順までを構築したいところである。

次にムダの解消として、受発注管理などのオペレーション強化であるが、現在普及している情報共有クラウドサービスなどの利用は非常に有効な手段だと考える。ただ、クラウドサービスを利用して生産性が上がる訳でなく、作業効率が上がると考えて積極的に取り入れることをお勧めする。あくまでもツールであり、社内業務統制は必須である。

最後のムラの解消は、施工品質の改善をPDCAサイクルを回し続けなければ、改善や向上はあり得ない。つまり、製造戦略として当たり前に現場に根付かせる仕組みをまず体系化し、品質に対する具体的な品質基準づくりと、絶対後戻り出来ない主要工程タイミングでの振り返りと評価とフィードバックを実践し続けることが、本質的な生産性向上の基盤づくりだと確信している。品質が安定し向上のフェーズに突入した時には、現場環境整備も自然と進み、ムリ、ムダの推進で掲げた方策の成果と一緒に、一気に結果が見えてくるに違いない。

ひと手間から感じる、品質向上の意識「ボード貼り」

石こうボードの施工の優良事例の紹介です。ビスがボードの端部に寄ってしまうと、ボードが割れたり、表面の紙を破ったりして、ビスを留めつけてもボードを保持する力を発揮できないことがあります。そのため、ヘリ空き寸法を確保する必要があります。



あるビルダー様では、ヘリ空き寸法を意識して、墨出しをしてからビスを留め付けミスを減らしています。墨出しは必ずしも必要ではない工程なだけに、品質向上の意識がうかがえます。

〈第8クール〉A.C.U. 1回目を開催

「現場管理者向け実践養成講座 A.C.U. 」第8クールが始まりました。

第1回目は、小村代表の開催の挨拶から始まり「コミュニケーション論」「住宅建築の基礎講座」の講習を行いました。全国から14社19名と今回も多く方々が参加する「A.C.U.」。現場管理者育成というものに対するビルダー様の関心の高さを感じます。



【今後の開催日程】
2018年
第1回    7月20日(金)/21日(土) 開催済
第2回    8月24日(金)/25日(土)  
第3回    9月21日(金)/22日(土)   
第4回  10月19日(金)/20日(土) 
第5回  11月16日(金)/17日(土) 
第6回  12月14日(金)/15日(土) 


【A.C.U.のご案内】
〈第9クール〉A.C.U. /東京会場
2018年   9月21日(金)~ スタート

 ■お申込状況
  定員まで残りわずか

 ■お申込方法
  詳細及び参加申込書はこちら
  →ACU ご案内・参加申込書(PDF)

 ■お申込期限
  2018年8月20日(月)まで

【お問い合わせ】
株式会社 NEXT STAGE  A.C.U.運営室
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。


NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

施工のバラつきの改善「床束の接着剤」

床束を固定する足元の接着材の必要量は、メーカーの施工要領書に記載されていることが多くあります。しかし、いろいろな現場で施工を見ると、バラつきの多さを感じる部分でもあります。



施工面で考えると接着剤の量が少々多くても問題ないと思われますが、接着剤の量が少ないと場合は、トラブルにつながる可能性があります。又、量も大事ですが、接着する面積も接着力に影響を与えるので注意が必要です。
 ①一度だけで良いから、適正量を測り、正しく施工してみる
 ②その状況を、写真におさめ、監督さんや職人さんと情報を共有する

それだけで、大きくバラつきが改善できるのではないかと思います。

設備配管固定のチェックポイント「断筋」

写真は基礎立上りを撮影したものです。


既成品を用い貫通部のひび割れ対策を行っていて 一見、何も問題がない様に見えますが、よく見ると、立上りの横筋が切断されています。

リブレン等の既製品はひび割れの補強筋であり 断筋部分を補強するものではありません。そのため、断筋部分に対する補強筋を入れる必要があります。さらに、中基礎の立上り横筋の定着部分も切断されていて 定着長さが不足しています。定着部分を工夫して施工していれば切断せずに済んだと思われます。

鉄筋を切断する必要があるのかを考え、切断した場合には必ず補強筋を施工する。現場監督さん、業者さんはこの点に注意して施工及びチェックを行ってください。