住宅品質向上のリーディングカンパニー 株式会社ネクストステージ
株式会社ネクストステージ Genkan-NSシステムログイン
Open Nav

ISO29990に沿った学習サービス

業界初の住宅品質管理会社 NEXT STAGE GROUP
私たちの現場施工品質監査システムを、住宅建築のスタンダードへ!


住宅業界は今、現場管理者不足やスキル低下、職人不足や高齢化といった様々な課題を抱えています。そのような中、建築現場では現場技能者による人的裁量で工事が進行するため、施工品質の低下やばらつきが多発しています。
こういう現状を改善するためには第三者による品質チェックだけではなく、事前に施工指針や判断基準を設定し、決められた通りの施工になっているかどうかを評価する「第三者監査」の仕組みと、監査結果を分析しフィードバックする取り組みが必要です。
業界標準を目指す、弊社の現場施工品質監査システムにおけるキーマンとして、「認定現場監査士」を広く募集しています。ぜひ貴方のお力をおかしくださいませ。

現場監査士認定講習の目的

住宅品質の安定と向上を具現化するために、弊社は「監査基準書」と「監査項目書」を提供しています。これらの内容に沿って住宅の現場監査を行う現場監査士の業務内容を把握するとともに、現場における心構えや現場監査に必要なツール等の使用方法を学び、精度の高い安定した監査を実施し、現場の課題を抽出できる現場監査士を育成することを目的とします。

学習サービスの概要

  カリキュラム1 カリキュラム2 カリキュラム3
テーマ オリエンテーション 現場監査の理念・目的と現場監査士の役割 現場監査における業務の流れと注意事項
目的 現場監査士の認定までの概要と本講習の注意 事項の事前告知 住宅建築における現場監査業務の目的や役割などを把握し、住宅建築の施工品質の安定と向上を目指す姿勢を養います。さらに現場監査士に求められる能力や役割を理解し、滞りなく現場監査を実施でき、また顕在的、潜在的な住宅現場の課題を抽出できる人材を目指します。 実業務の基本的な流れと具体的な作業についての理解を目指します。特に監査を行う上での注意すべきポイントの理解と監査の根幹であるGenKan-NS® システムについての概要と操作方法について学びます。
求められるスキル


_____

①現場監査の本質と目的を理解する
②住宅業界における問題と課題を理解する
③現場監査士の役割を理解する
①現場監査業務の内容を把握
②GenKan-NS® の概要、操作の理解
③現場監査士時に持参するツールの理解
④接客マナー・監査時の指示方法
教材等 講習テキスト( オリエンテーション)
パワーポイント資料
講習テキスト( 理念編)
パワーポイント資料
講習テキスト( 業務編)
パワーポイント資料
GenKan-NS® システム
時間 10分 40分 65分
  カリキュラム4 カリキュラム5
テーマ 各回の監査方法とポイントの解説 現場研修による現場監査の習得
目的 第1 回監査から第10 回監査までの監査方法・監査内容を把握し、各監査における注意事項の理解を目指します。さらに実例の写真を用いながら監査内容の理解を深めます。 講義で学んだ第1 回監査から第10 回監査までの監査方法・監査内容を、現地での研修により深く習得します。まずは必須検査としての5回分を実施し、残りの5回分はタイミングにより実施します。
求められるスキル ①各監査内容と監査項目を把握する
②監査の方法と注意事項を理解する
①実践での現場確認方法を把握する
②現場での判断方法を把握する
③監査道具の使用方法や撮影方法を把握する
教材等 講習テキスト( 監査編)・パワーポイント資料 講習テキスト( 監査編)・パワーポイント資料
時間 70分 各回約60分