住宅品質向上のリーディングカンパニー 株式会社ネクストステージ
株式会社ネクストステージ Genkan-NSシステムログイン
Open Nav

募集要項

認定現場監査士の業務内容

  • 住宅会社毎に事前にとり決めされた標準施工手引書、監査項目書をベースに、
    国際規格(ISO19011)指針に沿った現場施工品質監査を、弊社オリジナルシステム(GenKan-NS®)を使用して行っていただきます。
  • 必要に応じて、施工品質監査レポートを作成するための現場状況を報告していただきます。
  • その他、瑕疵保険検査など住宅に関係する検査業務を同時にお願いすることがあります。

認定現場監査士登録までの流れ

お申込み条件※下記のいずれかに該当する方

●一級建築士 ●二級建築士 ●木造建築士 ●建築施工管理技士1級・2級 ●建築現場経験5年以上
※監査業務の理念や行動規範を充分にご理解いただける方に限ります。

認定試験

講習終了時に講習内容の理解度を確認するために認定試験を実施します。
認定試験において80%以上の正解が合格の条件となります。

よくある質問

Q
現場監査士になるためには、どのような手続きが必要ですか?
A
現場監査士になるためには、認定講習を受講していただき、
認定試験に合格していただく必要があります。
Q
講習費用の支払い方法は、どのような手続きが必要ですか?
A
現場監査士に銀行振込のみとなっております。お申込受付後、申込書の住所に振込通知書を郵送させていただきます。
銀行口座名が記載してありますので認定講習受講前にお振り込みをお願いいたします。
Q
現場監査士の有効期限はありますか?
A
現場監査士の有効期限はございません。1年に1回の個人面談を実施させていただきます。
Q
現場監査って初めてなのでよくわからないのですが?
A
講習の他、現地研修も行い、第三者監査が初めての方でも自信をもって行えるまでサポートします。
Q
認定講習にかかる所要時間はどれくらいですか?
A
5時間程度のカリキュラムとなっております。
Q
認定現場監査士の認定を取り消される場合はありますか?
A
監査業務に対する理念や行動規範に反する行為が見受けられた場合、
申込等に虚偽の記載があった場合、認定を取り消しさせていただくことがあります。