NEXT DOOR

『若い職人から学び得る大切なこと』

常にすまい手とつくり手のある一定の契約行為の中で、
一つひとつ建築物が供給されていくルーティーンがこの住宅業界とするならば、
時代を経て、各々の現場で様々な職人が入れ替わりながら活躍し続ける未来ある環境づくりを
真剣に考えていかねばならない。
「職人」とは、自らが身につけた熟練した技術によって、
手作業で物を作り出すことと定義している。

つまり、職人自身からみれば、特定の技能を身に着けていく学習環境と、
その技能を発揮出来る現場環境の2つがあってこそ、
職人としてのやりがいや存在価値、そして技能向上へと進化していく
必要不可欠なフィールドなのだと私は思う。

しかし、今の業界の現状はどうなんだろうか?
職人不足という社会現象は、社会問題としてとどめておいて良いのだろうか?

いや、私は決して社会問題なのではなく、企業に対する問題なのだと思っている。
企業には、サービスを永続的に推進していかねばならない宿命を持つ法人格である限り、
あらゆる社内外のリソースの永続性を配慮し、
顧客へのより良いサービスを提供し続けていくことが使命である。

永く生き続けるためには利益は必要なのであるが、
モノ作りを事業とする企業が、現場最前線の仕事環境を粗末にすることなど
絶対あってはならないし、どれだけ企業が大きくても、収益性が高くとも、
デザイン性があろうとも、絶対に永続はしない。
それはダーウィンの法則とも言えるが、「進化」しない限り永続は出来ないのである。

若い職人不足は、決して若者が軟弱なのではない。

根性が無い訳でも無い。
我々、モノ作りを牽引する企業のトップが軟弱なのであるからなのだ。
それを、もうそろそろ謙虚に自覚していくことが大切である。

若者がなぜ職人にならないのか…

心から耳を傾けてみたことはありますか?

ならない理由は、極々シンプルである。
それは、教えてもらえる環境が無いことと、
褒めてもらえる環境が無いことの2つである。
実は給料はその次であって、学び得る環境と認めてもらえる環境が欠けた時点で、
「職人」という存在価値を否定されてしまっていることを本当に考えて欲しい。
それは職人という括りだけではなく、「人間」そのものも同じである。
人は幸せになるために一生懸命に頑張っている。

社会に貢献できたり、人の役に立てたり、
喜んでもらえたり、そして周りから感謝され、
自身の存在価値が初めて認めてもらえるということになる。

やはり「成長=進化」である。
住宅そのものの設計や仕様、そして工法も多様化し、
そして性能住宅へどんどん進化していく中で、職人に必要とされる技能も変わっていく。
だからこそ、新たな技能を身につけられる学習環境、つまり現場工程でのOJT的な学び得る環境と、
褒めてもらえる環境、それは職人に対する敬意と成長過程をしっかり見守る器を企業が身につけ、
そして実践していける思考と仕組みを持てるように努力していくことが、
これからの未来ある業界への第一歩となるであろう。
我々NEXT STAGEは、これからも声をあげながら業界に大きく旗を振って行ける企業であり続けたい。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。