NEXT DOOR

『購買視点での本質的な未来の建物価値を創造する②』

将来の住宅単体の動産価値をイメージする場合、例えば中古流通が盛んな自動車産業などを
仮に想像してみると分かりやすい。
まず中古自動車を購入する場合、一般市場の情報として、Gooやカーセンサーなどの情報雑誌や
情報ネットが存在する。
これは住宅産業でも同じように、不動産情報サイトと言われる大手情報サイトがあるのも同一であろう。
中古自動車の場合、検索するインデックスは、まずメーカー別、価格別、エリア別というのが基本にあって、
またトップページには特集というインデックスで毎月ピックアップされている。
そこで忘れてはならないのは、必ず「ディーラー車」というカテゴリーで仕分けされているという点に
注目していただきたい。

この「ディーラー車」というカテゴリーが実はキーワードであり、住宅産業には今後、
このディーラー車という性質のコンテンツこそが、本質に近い中古住宅の動産価値を牽引すると
我々はイメージしている。

では、ディーラー車の価値を挙げてみると、まずメーカーがしっかりと新車引き渡し時からの乗車履歴や
メンテナンス履歴を明確化していることの信頼と安心が最大の価値であると言えよう。

住宅産業と自動車産業の大きな違いは、住宅製造時の性能が自動車のように一切明確化されていないことと、
もう一つは住宅産業全体の特定大手メーカーシェア率が低く、非常に分散化し、
大手ハウスメーカーブランドがあまり無い点にある。
あと最大の違いは、製造工程が工場生産と現場生産といった製造環境の違いにあると言える。

以上の共通点や相違点を整理していくと、中古住宅の動産価値向上に取り組む我々は、
まず新築製造時の見える化をし、新築時の建物本来の性能や品質を見極めること。
次に、引渡し後の維持管理をしっかり明確化すること。
最後に中古受託流通時に、「新築時価値-劣化及び維持管理内容=中古住宅流通時価値」となるような
スキームを組み上げることになると言っても過言ではない。
これを組み上げられる企業はほとんど存在せず、デザインや立地条件、また仕様や採算価格情報を
モールのような仕組みで情報化していくことに過ぎないであろう。
これからのNEXT STAGEは品質管理企業として、新築時の性能及び品質価値をしっかり数値化し、
品質ディーラーと言われるブランディングを民間企業として築き上げ、大手情報サイト企業との連携で
正しい中古住宅流通活性化を手掛けていきたい。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。