事前計画の重要性

株式会社NEXT STAGEではビルダー様毎に基準を決めて、その通りに現場が出来ているか出来ていないかを確認する「現場監査」の業務を主に行っています。その中で、監査項目では判断が出来ない部分も数多く存在します。写真は、玄関部分の引戸部分の納まりになります。

玄関引戸を納めるために、引戸廻りの基礎をはつって玄関を納めています。結果、隙間が生じています。おそらく、玄関の仕様や寸法が決まっていないためにこのような状況が起こったと考えられます。この状況を見て、お施主様はどう感じるでしょうか? 「後で埋めるからいいのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、それはあくまでのビルダー側の都合です。このような状況を起こさないためには、事前計画が大切です。仕様をきっちり決めて、その内容を正しく設計図書に反映する。その内容を正しく現場で施工する。 このような当たり前の取組がだんだんとずさんになっている印象を強く受けます。

株式会社NEXT STAGEでは、このような内容からもビルダー様の課題点や問題点を把握して、一つずつから改善が出来るようにビルダー様と共に取り組んでいきます。