NEXT EYE

全ての要因が重なって・・・

 【コメント】


ごく一般的に、ビス抜けや釘の打ち損じを経験や体験されている方はいらっしゃると思います。
大半が、『金物』や『耐力面材』や『床合板』と言った建物に影響を及ぼす様な物に多いと思います。
その部分に目を向ける事は、最小限大切な事だと思います。
では、左の写真をご覧ください。
この写真は、タルキを留め付ける金物の写真ですが釘の打ち損じを確認する事が出来ると思います。
写真を添付しておりませんが、同じ現場でタルキビスの釘抜けも(2ヶ所)確認しております。
不備は職人にもありますが、原因は他にもあると思います。
設計図を確認すると、軒桁と母屋の間隔(芯々)が≒40㎝程の間隔でした。
現場で取付の際に機器等の大きさを考慮すれば、施工が不可能な間隔だったのではと感じます。
すでに納材されていた為、写真の様な打ち損じ又ビスの打ち忘れが起きてしまったと推測されます。
職人を擁護する訳ではありませんが、誰かが気づく事で人的ミスを事前に防ぐ事が可能だったと思います。

右の写真もタルキの留め付けをタルキビスで施工した写真になりますが工程上確認する事が困難な為、
ここのビルダー様は社内ルールを定めて、目視可能にするため、
タルキビスを施工した箇所に『目印』をつけておられます。
万一、現場担当者様が立会い出来ない場合でも、抜けが無いような配慮をされておられます。
社内ルールを定めた施工、又、現場への落しこみが出来た仕組みに『優良事例』だと思います。

左の写真も施工前に気づく事で金物変更を行えば、釘の打ち損じや釘抜けを事前に防げたと思います。
買主は、『うちの家に限っては・・・』と思っています。
木造住宅は、規格化された住宅ではありません。
現場で施工されたものです。
一人一人が注意を祓わない限り、完璧な住宅に近づけません。
些細な事にも目を配り、少しでも『安心・安全』な住宅を提供しましょう。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。