NEXT EYE

ひと手間の工夫

【コメント】

写真では少し判りにくいかもしれませんが、工夫を感じ取れる納め方をした現場に出会いました。
耐力面材の、上下の隙間に注目してください。
シートを挟み込んで施工がされています。
通常このような施工はされていませんよね。
私も見かけたことがありませんでした。
職方さんに理由を尋ねたところ、
『上下の隙間にシートを挟み込むと屋内への雨水の侵入を防げる』とおっしゃってました。
工事中における水濡れに対するリスク低減の工夫ですね。
 
家づくりには複数の業者様が携わります。
外部工程によって、それに続く職方さんの施工も変わってきます。
各施工に対しての『意識』・『目的』がきちんと現場の職方さまに認識される事が大切です。

品質向上への道は『試す』→『失敗』→『考える』→『改良』→『試す』といったサイクルの繰り返しです。
職方さんの意識の高さで、現場は必ず変わります。
建物に変化を与えるのは、『営業』・『設計』・『現場』。
これらが三位一体となってこそ、良い家が作られるのだと思います。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。