NEXT EYE

安全への配慮

【コメント】

現場監査時に、職人様の安全のこだわりが見受けられる部分が多々あります。
写真は第2回目の基礎立上り監査時の1枚になります。
木製型枠でアンカーボルトを固定していますが、アンカーボルトの先端にキャップが設置されています。
合わせて、ドウブチで高さを出してキャップで固定もされているので、きっちりとした施工になります。
アンカーボルトの先端はきっちりとした養生がされていないと施工精度が悪く、
締め付け状態に影響を与えます。
アンカーボルトの固定も主筋に括り付けられており、しっかりとした固定がされています。
アンカーボルトの固定、設置位置を基礎立上りコンクリートの打設前に行っていれば、
その後の工程での出戻りも少なくなります。

次工程は土台監査になるのですが、アンカーボルトに関する不備が指摘の多くを占めます。
基礎職人様も次の仕事のことを少しでも考えていただけたら、お互いに仕事がしやすくなるのでは
ないでしょうか。

NEXT STAGEの現場監査では、自社基準に適合しているかどうかだけではなく、
ビルダー様や現場監督様、協力業者様が工夫している内容もどんどん拾っていきます。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。