NEXT EYE

断熱材の施工

【コメント】

NEXT STAGEの監査でも、断熱材の施工に関しての不備事例が多くなってきています。
国の施策で、2020年までに戸建て住宅でも省エネ基準が義務化になり、建築確認申請でも
省エネ基準に適合しているかの根拠の資料(計算書等)が求められるようになると言われています。
その中で、断熱材の施工に対しても品質が求められるようになってきます。

1枚目の写真は、グラスウール断熱材の「防湿層」と呼ばれる表面のフィルムの留め付けの不備や、
柱や間柱の表面に防湿層が留め付けられていないなどの不備があります。
最近は現場発泡の吹き付け断熱材施工が多く、価格が高い分メーカーの責任施工になっており、
大工職人様の手間が減ります。
反対にグラスウール断熱材は価格が安い分、大工職人様の力量が問われる部分になります。

2枚目の写真は、グラスウール断熱材の防湿層がきっちりと留め付けられており、
見た目にもきれいです。
このビルダー様は「断熱マイスター」と呼ばれる大工職人様が断熱材を施工しており、
施工方法を正しく理解して施工しています。
長期優良住宅やZEHなど、性能が高い住宅ほど正しい知識に基づいた断熱材の施工が必要になりますが、
現場に携わる職人様や設計者様も、適切な断熱材の選定や正しい施工が求められるようになる
時代がやってきます。

各現場の裁量に住宅品質が委ねられていて、クレームやコスト増に悩まれているならまずはお電話、お問い合わせフォームよりご相談ください。