見た目も意識した、職人さんの配慮[止水処理]

外壁を貫通するビスの止水処理はどのようにされていますか?
「ビス頭をコーキングで処理」「止水パッキン付ビスを使用」など止水という目的を果たすための手法は複数あると思います。今回、鹿児島県のビルダー様の一例をご紹介いたします。私共が、外装仕上げ材の止水処理の監査をした際、見た感じ外壁を貫通するビスの止水処理を行っているようには見えませんでした。現場の方に止水処理を忘れているのではないかと確認すると「見た目を意識して、ビスを打つ前にコーキングしている」との回答。どのような施工方法をとっているかがわかる写真を後でいただきました。



ただ止水の目的を果たすだけではなく、見た目にも配慮した、職人さんの意識の高さが伺えました。

熱橋補強の優良事例

金属が断熱層を貫通すると、屋外から屋内へ、屋内から屋外へと熱が伝わりやすくなります。この部分を熱橋(ねっきょう)と呼びます。木造住宅では、梁と梁を緊結するために取り付ける、羽子板ボルトが熱橋となる場合があります。熱橋部位が多いと、冬季間では、屋内から屋外へ熱が逃げ、室内の温熱環境に影響を与える他、室内側の金物の冷たくなることで、結露を起こす危険性も増します。

写真を上げさせていただきましたが、こちらの工務店さんでは、熱橋の対策をしっかりとっており、羽子板の外気側のボルト部分に発泡ウレタンを注入し断熱補強されていました。

現場で見た、ちょっとしたアイデア・工夫!

優良事例のご紹介です。下の写真は、コンクリート打設前の型枠施工状況を撮影したものです。よく見ると、アンカーボルトの先端にテープを貼っています。

これはアンカーボルトへのコンクリートの付着を防ぎ、次工程の作業効率を上げる目的で養 生したものです。安価で簡単にできる方法です。今回、注目していただきたいのは、養生することで現場でのけが・安全対策も兼ねているという点です。一つの作業で複数の目的を兼ねるアイデアや考えを実行に移す姿勢は、高い評価ができると思います。

グラスウールの優良施工

今回皆様にご覧いただきますのは、グラスウールの優良施工事例となります。



一目瞭然かと思いますが、画像の様な美しい施工を毎回されるビルダー様がいらっしゃいます。壁断熱材は間柱間柱間の部分が断熱材の幅が不足するので、間柱に更に間柱を抱かせることで隙間が出来ない様にされております。防湿層も柱の見付面にしっかりと留め付けされています。また、其々がピンとテンションを掛けて施工されています。グラスウールは非常に高性能な断熱材ではありますが、その施工状況が性能に直結致します。手間を惜しまず、丁寧に丁寧に施工する事が肝要です。

画像の施工をされたのは、長野県飯田市にある地域でも有名なビルダー様です。「さすが」と納得出来る一面を見せて頂けたと思いました。

HDアンカーの埋込長さの確認

この写真をご覧ください。何気ない写真ですが最も深い優良事例の一部として紹介させて頂きます。


最近は、機材の発達に伴ってスラブレベル表示を確認出来ないビルダー様もあります。在来工法の木造建物には、HD金物は必需品の金物として現場に納品されていると思います。(中には使用されないビルダー様もありますが)写真のHD金物は、ごく一般のスティック型のHD(25kN用)です。一般的な基礎の高さは、ベース天端から立上り天端まで350㍉が一般的な数値だと思います。25kN用のHDはコンクリートの埋込長さが360㍉必要になっております。つまり、ベース天端から10㍉スラブの中に埋め込まれます。

誰が見ても数字上の追い出し目視でも、スラブ内にHD金物が埋め込まれているのが判ります。このビルダー様は、HD金物付近に全てスラブレベルマーキングを行って、HD金物の埋込長さ不足が出ない様に考えておられます。異形アンカー等を使用されているビルダー様もおられると思いますが、確実な埋込長さをしっかり確認されて施工されていますか?HD金物は、建物の引き抜きが大きい所に事前に配置され、簡単にコンクリートから抜けてしまえば、建物の崩壊に繋がる重要な金物です。

今からでも間に合います。工事に重要な部分を見出し、施工方法やひと手間を注入することで、第3者の目線が簡単に味方になります。施工者責任の在り方が問いただされる時代に変革しています。一つの施工方法の配慮で、人に安心感を与えられます。