『当社、Acro Fields 季刊誌発刊制作を通じて感じること』

今回も、皆さまからご期待いただいている当社の季刊誌『Acro Fields』の秋号の発刊に際して、
インタビューや対談のため色々と全国を回っている。
住宅品質向上を本質的にチャレンジされているビルダー経営者様にスポットを当て、
有意義で貴重なお時間をいただけることが、我々の事業推進のエネルギーの源になっていることに
心から感謝したい。

日本には沢山のつくり手が存在する中で多種多様な価値観があり、
やはり中小企業が多いこの業界においては、経営者の根本的な価値観に委ねられていることが
非常に大きく感じる。
多くは、性能や仕様、そして機能を武装さえすれば最高の住宅スペックに変身したかのようになり、
また何らかの仕組みやシステムを導入すれば生産性を手に入れたかのように錯覚する。
販売促進についても、あらゆる成功事例やケーススタディーを試みながら、
他社との意見交換の中で真似をしてみたり、現場の品質管理となれば、
清掃や安全対策が出来ることが、イコール品質向上と勘違いしている企業も非常に多いことも事実である。
確かにどれも必要なことではあるのだが、つくり手として本質的な成果や成功を
おさめている企業に共通する点は以下のことだと改めて体感した。

自らが提供したい家づくりの芯をしっかり持ち、あくまで手段として、
性能や仕様を選択し、しっかり吟味し決断していることにあった。
また生産性向上を具現化する為のシステムや仕組みも同様、システム先行型ではなく、
仕事の風土改革の為に必要な手段であることに同じく軸があり、現場主義の精神が根強くあること。
さらに販売促進に関しては、第一線の営業が自社の家づくりに惚れ、
一番のファンであることに過ぎなかった。
つまり、経営ロジック自身が非常にシンプルであることと、経営者に人望があることが
共通して感じたことであった。

情報交錯の時代、沢山の情報を素早く取り入れる会社ほど、現場が混乱し、
社員との共有が一方通行になっていたり、逆に、自らの家づくりの目的が明確な企業ほど、
必要な情報を無駄なく的確に伝達され、現場を取り巻く環境が非常に豊かである。
さらに言えば、雇用状況や、協力業者の角度から見ても、成長している企業には、
優秀な社員が辞めないこともあげられる。優秀な社員という概念は、
売上を上げたり個人的な突出した能力を示しているのではなく、
素直で元気で謙虚な社員であることと定義づけてみよう。

協力業者も同様である。
やはり、職人の入れ替わりも少なく、日々の仕事に向き合う姿勢も全く違うのである。
仮に指摘があっても、素直に受ける謙虚さは、進化する仕様などにも挫けず
学び入れる力を持ち合わせている風土もある。
我々のような現場サービスを日々実践している企業だからこそ、本当の実態と要因が見えてくる。

戦略や戦術はあくまで手段。

やはり事業目的を果たし得る為の日々の改善を愚直に努める経営者は豊かな人望を抱き、
さらなる成長をしていくのであろう。
そんなつくり手に出会えたお客様は、どれだけ幸せなんだろうと今回はつくづく感じた。

【優良事例】模範となる転圧状況

 【コメント】

画像を見ていただければ一目瞭然だと思いますが、
今回皆さまにご紹介いたしますのは、基礎工程での砕石転圧状況の優良事例となります。
 
左の画像では、よく見ていただきますとサイコロスペーサーの沈みが見受けられません。
また、防湿ビニールは全体的にビニールが汗をかいているかの様に内部に水滴がついております。
もし仮にビニールに少しでも破れがあって穴が開いていると、
その部分が通気することによって乾いてしまい、ビニールが透けて見えるようになります。
つまり、こちらの防湿ビニールには通気する穴も開いていないということになります。
このように、ビニールに破れがあるかどうかはビニールが透けているかを確認するのも一つかと考えます。

右側の画像は、外周部のハンチ部の施工状態となります。
斜めになる部分も丁寧に転圧されております。
かぶり厚さも十分に確保されております。
いずれの事例も徹底的に転圧を意識されております。
実は、基礎工程はこの転圧に尽きるのではないでしょうか。
ここをしっかりしておきさえすれば、その後の大きな問題に繋がるようなことは
極端に低くなるのではと考えます。
基礎屋さんにお話しを伺いましたら、散水しながら転圧を繰り返しているとのことでした。
こだわりをひと手間。
職人さんの心意気を感じる素敵な施工でした。

皆さま、トライする価値は十分あるのではないでしょうか!

「現場を見せる」それがお施主様の安心・信頼につながる

 【コメント】

弊社と施工品質の向上と安定を目指して一緒にお取組みされているビルダー様は全国に約500社おられますが、
施工品質を高い精度で「見える化」されているビルダー様はまだ少ないです。

その中で、鳥取県米子市にある株式会社 小田原工務店様は自社の施工品質の「見える化」を積極的に行い、
これから家づくりされるお施主様へ安心をご提供されています。

株式会社 小田原工務店様は現場監査を終了した後に発行される「現場監査記録書」を
お施主様にお渡しする用と自社用の2冊発行し、自社用はこれから家づくりを始める新たなお施主様へ
公開されています。
責任者の方にお話を伺ったところ、新規のプレゼン等で(お施主様に)お見せするそうで、
「内容をご覧になった皆さま、感心されます」とのことでした。

これからは、特に現場を透明化していくことが求められる時代になってきます。

弊社でも、より多くの日本全国のビルダー様と施工品質の向上と安定の具現化に一緒にお取組み出来ますように
全力でバックアップさせていただきます。

 

北海道エリア LIXIL×NEXT STAGE セミナー

この度、北海道エリアにて株式会社LIXIL 札幌支店様主催の
『現場管理の改善を検討されている経営者様向け』セミナーにて
NEXT STAGEの講演開催が決定いたしました。

【セミナー内容】
 地域で勝ち残る!今、選択すべき現場課題の解決手法と実践経営とは?
 
第一部 LIXIL現場情報共有システムのご提案

第二部 家づくりの本質を歩む!
   ~住宅品質を安定し向上させるこれからの施工管理~
       講師:NEXT STAGE GROUP 代表 小村 直克
  
事業を継続していく為には、施工・設計の『新しい管理手法』が求められています。
住宅業界から注目されているNEXT STAGE GROUPの住宅品質安定と向上への取り組みをこの機会に
ぜひお聞きください。
 
【セミナー開催日程】
2017年10月3日(火)13
:30~16:30 (受付開始13:00~)

【定員】
  50名
先着順となっております。お早めにお申込みくださいませ。

【申込締切】
2017年9月26日(火)
(参加費:無料)

【セミナー会場】
株式会社 LIXIL 西棟セミナールーム

北海道札幌市東区北8条東10丁目1-1
 
※イベント・セミナーの詳細及びお申し込みにつきましては下記をご参照くださいませ。
  →『現場管理の改善を検討されている経営者様向け』セミナーの詳細・申込用紙こちら

※リンク先からPDFをダウンロードの上、「011-748-8311」までFAX送信お願いいたします。

 セミナーについてご不明点あれば下記お問い合わせ窓口にご連絡ください。
      <お問い合わせ窓口>
        株式会社 NEXT STAGE 札幌支店
        担当:竹澤
         TEL:011-205-0372

2017年度ACU第6クール 2回目が開催されました

弊社、NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない
独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、
次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

この度「現場管理者向け実践養成講座【A.C.U】」の2017年度
第6クール 2回目が開催されました。

第2回目は前回の振り返りと、、現場管理の基本となる建築の基本や考え方を基礎とし、
設計視点や性能に重要な結露の構造など、工事をする上で現場管理者が知っておかなければならない
建物本来の基礎知識をしっかり学びました。

今回は本部技術長と、札幌支店・関東支店の支店長による講義でした。
建築に関する法令や、改めて学ぶ建築基礎知識に
受講生の皆さま、真剣な表情でスライドを見つめておられました。
      



【今後の開催日程】
第1回 2017年   7月28日(金)/ 29日(土) 開催済
第2回 2017年   8月25日(金)/ 26日(土)   開催済
第3回 2017年   9月29日(金)/ 30日(土)
第4回 2017年 10月27日(金)/ 28日(土)
第5回 2017年 11月17日(金)/ 18日(土)
第6回 2017年 12月15日(金)/ 16日(土)

【開催時間】
 金曜日:13:30~17:30
 土曜日:  9:00~12:00
 
※詳細及びお申し込みにつきましてはこちらをご覧ください。
 
事務局(お問い合わせ)
株式会社 NEXT STAGE  A.C.U運営室
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。